ダメージエイド スペシャルトリートメントチューブの解析結果

総合順位
1325
総合得点 5点満点
1.75
成分数エキス系特効ダメ
19100

ダメージエイド スペシャルトリートメントチューブの詳細情報

[製造販売元] ライオン

[商品ID] 3224
[容量]2ml
[参考価格]2円
[1mlあたり] 約1

素材 

0.5

安全性
2.7
コスパ 
2.2
環境 
2
補修力
2.6
ツヤ 
2.2
感触 
2.6

ダメージエイド スペシャルトリートメントチューブの解説

質素なコンディショナーのようですが、ちょっと良い点も。

保湿重視でしっとり系トリートメントであることがわかります。

擬似セラミド、ローズマリーエキス(抗酸化)その他アモジメチコン、セルロースといった成分が加わる。

カラー後にはなかなかいいと思いますが、トリートメントとしての強度はやや低い。

低〜中ダメージの方には結構最適な効果を感じられる。グリコール酸がミネラル分を飛ばせる点がコンディショニング効果をプラス。

ダメージエイド スペシャルトリートメントチューブの全成分

1

2ソルビトール

3水添ナタネ油アルコール

4ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

5ベヘントリモニウムクロリド

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。

6セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

7ジグルコシル没食子酸

8ラウロイルグルタミン酸ジ(フィロステリル/オクチルドデシル)

9ローズマリーエキス

シソ科常緑樹ローズマリーの葉から得たエキスです。精油としてもおなじみですが、フラボノイド、タンニン、フラボノイド類などを含みます。抗菌作用・抗炎症作用・収れん作用を付与します。

10香料

香りづけ。

11ステアリン酸PEG-150

12エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

13アミノプロピルジメチコン

ジメチコンの一部をアミノプロピル基で置換したもの。

14グリコール酸

シンプルなα-ヒドロキシ酸(AHA)で、皮膚に透過しやすく、古い角質のつながりを切って新しい皮膚細胞を露出させる=ピーリング作用が最も特徴です。強い刺激性があり、ピーリング効果を濫用すると皮膚が敏感肌になりやすいため、頻度や濃度を多く使うべきではない。グリコール酸自体は毒物・劇物に指定される強い薬剤です。

15アモジメチコン

末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。

16ヒドロキシエチルセルロース

17ピロリン酸4Na

18アンモニア水

19メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

メーカーの紹介文

DGA(ジグルコシル没食子酸)やセラミドLPなどを配合した集中トリートメントです。傷んだ髪になじみ、補修。さらに、カラーリング持続成分を配合し、カラーの色ツヤを保ちます。激しく傷んだ毛先までうるおいしなやかに仕上げます。

ダメージエイド スペシャルトリートメントチューブの関連商品

ダメージエイド スペシャルトリートメントチューブを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。