キュベリィ やさしいシャンプー の解析結果

総合順位

616

総合得点 5点満点

2.63
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
373010
  • キュベリィ やさしいシャンプー の詳細情報
  • アースケアの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 2105
  • [容量] 700ml
  • [参考価格] 5065円
  • [1mlあたり] 約 7.24円
洗浄力
3.2
素材 
1.9
安全性
4.3
コスパ 
3.3
環境 
3.6
補修力
1.5
潤滑性
2.7
頭皮改善 
2.1
ツヤ 
1.6
持続性
2.8
感触 
3.2
育毛
0.9
洗浄剤
3.9

キュベリィ やさしいシャンプー の解説

優しいが、上質とまでは、、



名の通り、優しさ溢れる洗浄剤が特徴の製品です。

低刺激でありながら、そこそこに洗えるタイプであることも懐の深さを表しています。



リピジュア、セラキュート、アミノ酸、アミノ酸系両性界面活性剤といったコンディショニングな成分を多く含むこともアドバンテージの1つになっているでしょう。



強いて言えば、洗浄剤の部分に上品さまでは感じられない点や、頭皮にも髪にもやや中途半端な印象を感じる点が気になる程度。

というのも、抜群に良質な何かが飛び抜けて良い、というタイプではありませんので、単純に優しく洗えてそこそこにコンディショニングである、そして妥当な値段である、という特徴に共感できる方向けといえます。

キュベリィ やさしいシャンプー の全成分

1

2ココイルアラニンTEA

アミノ酸系アニオン界面活性剤です。コンディショニング効果を持ち、適度な洗浄性と安定した泡立ちが特徴。仕上がりはしっとり感やシルク系のさらりとした感触を残します。

3コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

4コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

5グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

6ローズ油

7加水分解コラーゲン

8ポリクオタニウム-61

リピジュア。細胞膜を構成するリン脂質を結合させてつくられたポリマーです。ファンデーションや口紅等のメイクアップ製品への配合が可能。また、自己組織化能を有しており、水中でポリマーナノ粒子分散液を形成します。塗布後、乾燥することでリン脂質ポリマーより成るナノスケールのラメラ層を形成するユニークな特徴。

9(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー

セラキュートというセラミド模倣構造をカチオン化し、ハリ・コシ作用が優れたアンチエイジングポリマー。セラミドと同様の効果の他、高分子素材であることで肌への親和性、塗布後乾燥時にセラキュート同士の親和性により被膜形成。柔軟性のある弾力ポリマー構造により、肌のハリ、弾力を改善。毛髪では髪の弾力を付与。

10ココイルアルギニンエチルPCA

ココイルアルギニンエチルPCAはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、安全性が高く抗菌効果を持ち、滑らかなコンディショニング効果を付与します。

11ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

12グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド

カチオン性の毛髪保護剤ですが、あまり効果が高くありません。

13クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

14タウリン

15リシンHCl

リシンの塩酸塩。天然のリジンと同じ構造で、必須アミノ酸。皮膚に柔軟性を与えます。

16グルタミン酸

17グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

18ロイシン

19ヒスチジンHCl

20セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

21バリン

22アスパラギン酸Na

23トレオニン

24アラニン

25イソロイシン

26アラントイン

別名で5-ウレイドヒダントイン、グリオキシジウレイドとも呼ばれる、抗炎症・抗刺激作用を有する成分。アルカリ性中では分解してしまうため、弱酸性下でしか使えません。牛の羊膜から発見された代謝中間体成分ですが、うじ虫の体液にも多く含まれ、壊死した細胞を取り除き、新しい細胞の生成を促進する作用などがある。

27フェニルアラニン

28アルギニン

29プロリン

30チロシン

31イノシン酸2Na

32グアニル酸2Na

きのこ類の旨味成分として知られるグアニル酸。化粧品では保湿作用を付与します。

33BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

34エチドロン酸

35フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

36メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

37プロピルパラベン

販売元による宣伝文

一般によく使用される石油系の界面活性剤は使用せず、頭皮に刺激の少ない、アミノ酸系の天然由来の洗浄成分を採用しました。炎症を起こした頭皮にもやさしく、通常のシャンプーで刺激を感じる方にも安心してお使いいただけます

キュベリィ やさしいシャンプー の関連商品

キュベリィ やさしいシャンプー を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。