クリスバンヘアソープ クール の解析結果

総合順位

812

総合得点 5点満点

2.28
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
4441700
  • クリスバンヘアソープ クール の詳細情報
  • アマンの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 2101
  • [容量] 400ml
  • [参考価格] 2160円
  • [1mlあたり] 約 5.4円

クリスバンヘアソープ クール 解析チャート

クリスバンヘアソープ クール の解説

清涼感はそこそこに、頭皮ケア効果を与えながらマイルドに洗うシャンプー。



ややしっとり系の洗浄剤をベースに据え、石鹸を少し混ぜこんでさっぱりした仕上がりを目指しています。

オランダカラシ、オドリコソウ、ゴボウ、シソ、センブリなどなど、エキス系は消費者思いの気の利いた選択です。



全体的に、非常にマイルドでありながら洗浄力を損なわない程度に調整されており、

バランス感ではとても優れたシャンプーと言っていいでしょう。

髪に対するコンディショニング効果はあまりありません。

ただ頭皮に対する丁度良さがすばらしいと言えます。

すーっとして気持ちよく、かつちょうど良いくらいの洗浄力で、刺激性は限りなく抑えた設計です。

強いて言えばこれといった個性がないですが、

頭皮に刺激を少なくをモットーに考えるなら、このシャンプーは候補に入れて良いでしょう。



ダメージヘア向きではありません。

クリスバンヘアソープ クール の全成分

1グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

2ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸TEA液

酸性アミノ酸系洗浄剤。非常にソフトでエモリエントなたっちが特徴だが、泡立ちはアミノ酸系の中でも最も乏しい部類。そのソフトな洗浄性とバランスを取るためには泡質の向上や粘度を保つといった要素を他に委ねる必要あり。

3ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液

コカミドプロピルベタインのこと。両性界面活性剤で、粘度調整・洗浄力の調整、泡質の改善やコンディショニング作用の付与。

4ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

5塩化トリメチルアンモニオヒドロキシエチルセルロース

6ヤシ油脂肪酸K液

7アルニカエキス

キク科植物であるアルニカの花・根から得たエキスです。カロチノイド、タンニン、トリテルペノイド、サポニン、フラボンなどを含み、血行促進・抗酸化・抗炎症・抗菌・収れん作用などを付与します。

8ニンジンエキス

・ニンジン抽出液はオタネニンジンのエキスで、多くのサポニンを含み育毛・血流促進作用を付与。

9オドリコソウエキス

・オドリコソウエキスはシソ科でタンニン、フラボノイドを含有するエキス。収れん作用、抗炎症作用、肌荒れ改善、皮脂の過剰な分泌を抑制し、育毛作用を期待されます。

10オランダカラシエキス

セリ科オランダカラシから得たエキス。辛味配糖体シニグリン(ミロン酸カリウム)やビタミン類を含み、血行促進作用、抗菌作用、発毛・皮膚細胞活性化作用があるとされます。

11クララエキス-1

12ゴボウエキス

13シソエキス-1

14シラカバエキス

15セイヨウキズタエキス

ウコギ科西洋木蔦から得たエキスです。サポニン、フラボノイドを含み、抗炎症・抗菌・抗酸化作用・清浄作用を付与します。

16センブリエキス

リンドウ科の2年草で、細胞活性作用、抗炎症・血行促進作用を付与します。

17ニンニクエキス

ユリ科ニンニクのエキスです。高い抗菌作用と血行促進作用をプラスします。

18ヒキオコシエキス-1

19マツエキス

西洋赤松の球果から抽出したエキスで、血行促進、抗炎症、収れん作用などを付与。

20ローズマリーエキス

シソ科常緑樹ローズマリーの葉から得たエキスです。精油としてもおなじみですが、フラボノイド、タンニン、フラボノイド類などを含みます。抗菌作用・抗炎症作用・収れん作用を付与します。

21ローマカミツレエキス

・ローマカミツレエキスはキク科ローマカミツレより抽出、抗炎症効果に優れ、肌荒れ防止、育毛、抗菌、抗フケ、カユミ防止目的で使われる。

22海藻エキス-1

23ラベンダー油

シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。ただし、酸化により接触アレルギーを起こす可能性もある。

24ヒアルロン酸Na-2

25水解シルク液

26オキシベンゾンスルホン酸Na

27BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

28DL-PCA

29Na液

30EDTA-4Na

エデト酸四ナトリウム。金属イオンのマスキング、キレート作用を目的に配合されます。製品安定剤として用いられますが、やや刺激性の面でリスクがあり、安全性を重視した製品では採用されにくいタイプです。

31POE(20)ヤシ油脂肪酸ソルビタン

32POEスルホコハク酸ラウリル2Na

33エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

34ソルビット液

35チャエキス

カテキンを含有する緑茶由来のエキスで、抗菌作用や抗酸化作用、収斂、消臭作用などを付与。

36ハッカ油

薄荷草から得たエキスで、メントールを含むため清涼感を付与します。また、抗菌作用、消臭作用、制汗作用、血行促進作用、虫除け効果などを与えます。

37プロリンベタイン

38メントール

アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。

39フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

40プロピルパラベン

41メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

42乳酸Na液

43香料

香りづけ。

44青1

販売元による宣伝文

クールな感触が髪と地肌に作用して、さわやかな使い心地の薬用シャンプーです。毛穴に詰まった皮脂の汚れやフケ等の汚れをすっきりと落とします。フケやカユミ、毛髪や頭皮の汗のイヤな臭いを防ぎます。医薬部外品。

クリスバンヘアソープ クール の関連商品

クリスバンヘアソープ クール を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。