CRECOS(クレコス)ヘアソープ の解析結果

CRECOS(クレコス)ヘアソープ

総合順位

198

総合得点 5点満点

3.37
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
2631400

CRECOS(クレコス)ヘアソープ 解析チャート

CRECOS(クレコス)ヘアソープ の解説

ヘアソープでありながら、石鹸ベースというのはいただけません。
アルカリ性である石けんシャンプーのデメリットは、髪のキューティクルを開いてしまう、肌のセラミドを溶出させ、セラミドの産生を7時間前後遅らせる懸念がある。
また、水道水のミネラル分と結合して石鹸カスを生成し、髪のごわつきを生じさせ環境に悪影響を与える(富栄養化)問題があります。

ほとんど髪にメリットのないものをベースに据えては、評価が高くなりようがありません。

エキス類のクオリティは悪くないものの、抗酸化力や清浄作用といったメリットを活かす間もなく、石鹸のデメリットの方がはるかにタッチの悪さを発揮するでしょう。


これでは、全く罰ゲームのようなもの。
オリーブ油などの影響で多少まろやかなタッチにごまかさせるものの、しばらくすればいかにコンディショニングを低下させているか気づくでしょう。

CRECOS(クレコス)ヘアソープ の全成分

1水カリ石けん素地

2グリセリン

3ラウラミドプロピルベタイン

4ヤシ脂肪酸グリセリル

5アルギニン

6ハチミツ

7ヒアルロン酸Na

8ダイズエキス(大豆フラボステロン)

9センブリエキス

10オリーブ油

11コメヌカエキス

12コメヌカ発酵エキス

13コメ胚芽油

14レイシエキス

15オタネニンジン根エキス

16ヘチマエキス

17褐藻エキス

18加水分解コンキオリン

19ローズマリーエキス

20甘草エキス

21クマザサエキス

22シソ葉エキス

23チャエキス

24チョウジエキス

25ラベンダー油

26ローズ油

販売元による宣伝文

大豆イソフラボンの力や、ラベンダーとローズの香りが、心身をリラックスさせながら、女性ホルモンのような養毛効果を発揮。クレコスならではの米ぬか発酵エキスも惜しみなくブレンド。まるで、スキンケアのような配合で、毛髪、頭皮、そして養毛まで、すべてのケアを考えた石けんシャンプー。

    CRECOS(クレコス)ヘアソープ の関連商品

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。