コスメパティシエ ナチュラルハーブコンディショナー オレンジの解析結果

総合順位

1307

総合得点 5点満点

1.78
成分数エキス系特効ダメ
381401
素材 
1.2
安全性
4.3
コスパ 
1.7
環境 
2.6
補修力
1.3
潤滑性
2.8
頭皮改善 
1.6
ツヤ 
1.8
持続性
2.6
感触 
2.6

コスメパティシエ ナチュラルハーブコンディショナー オレンジの解説

ほとんどがエキス類という一品。

エキス以外は、3級カチオン界面活性剤ステアラミドプロピルジメチルアミン、4級カチオン界面活性剤のステアルトリモニウムクロリド、シリコンといった具合。

ハイビスカスのブッソウゲ藻エキスは植物性ヒアルロン酸と呼ばれ、

コラーゲン、プラセンタエキス、ラミナリアオクロロイカエキスは保湿、整肌、紫外線防御作用。

ホホバ、パーシック油といったあたりは肌馴染みの良いオイル。

その他頭皮環境改善系のエキスを配合。

全体としては、保湿と整肌に滑らかさを加える作用が特徴といえます。

厳密に言えば、毛髪のコンディショナーには不要な成分が多いと言えますが、

値段からしてこの内容であれば悪くないとも言えます。

ややしっとりと、仕上がりさらっとさせるリンスとしては贅沢な部類で使う甲斐のある一品といえるでしょう。

コスメパティシエ ナチュラルハーブコンディショナー オレンジの全成分

1

2ベヘニルアルコール

皮膚刺激が少なく、粘度変化が少ないエマルションを形成する。

3BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

4ステアラミドプロピルジメチルアミン

3級カチオン界面活性剤です。一般的な陽イオン界面活性剤よりも肌刺激がソフトです。ただし、ダメージ修復能力は弱いです。サラサラ仕上げ。ボリューム感を付与する効果も。

5ブッソウゲ藻エキス

6水溶性コラーゲン

コラーゲンの形をそのままに水に溶解させたのがこの水溶性コラーゲンです。魚の骨や皮、うろこを原料として、匂いが少なく吸収性が高いのが特徴です。

7褐藻エキス

褐色の藻、つまり、ワカメや昆布などの藻類から得たエキスです。フコイダンを豊富に含み、それが育毛効果に優れることから育毛系の製品、頭皮ケア系のシャンプーなどに配合されます。

8プラセンタエキス

美白作用や抗シワ作用があるとされますが、肌に塗るという使用法ではやや効果が疑問視されます。様々な効能や栄養素が含まれる、と言われますが、裏を返せばどの効果も薄いということもあり、プラセンタ配合のおかげで実際にメリットがあったという有効な研究結果も乏しいものです。

9ラミナリアオクロロイカエキス

ラミナリアオクロロイカとは、フランスはブルターニュ地方にあるブレア諸島に生息する黄金海草のことで、この海草から抽出したエキスです。アミノ酸・ミネラルを多く含む、新陳代謝を促進する効果を付与。

10ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

11ホホバ種子油

イコセン酸が7割以上を占める独特な組成のオイルで、油性感の少ない軽い感触のオイルです。人の皮脂に近い特徴があり、液状のため非常に使用感がなめらかなオイルです。

12PPG-25-グリセレス-22

13PEG/PPG-20/22

14メチルエーテルジメチコン

15パルミチン酸オクチル

16ステアリン酸グリセリル

17水添ヤシ油

18ミリスチン酸

ヤシ油、パーム油に多く含まれる炭素数14の飽和脂肪酸。IUPAC系統名はテトラデカン酸。

19パーシック油

20シクロペンタシロキサン

環状シリコーンであり、揮発性を有する。蒸発すると皮膜が形成されるタイプで、さらっとした軽い感触を残す性質がある。

21ステアリン酸グリセリル(SE)

自己乳化型の乳化剤です。自己乳化の部分を石鹸が担っているため、表面上石鹸の表記がなくても石鹸のデメリットを被る形となります。頭皮や髪にはデメリットがあるといえる乳化剤です。

22アルニカ花エキス

キク科アルニカの花から得たエキス。フラボノイド、カロチノイドなどの抗酸化成分や、タンニンの収れん作用、また抗炎症作用などを付与されます。

23オドリコソウ花エキス

シソ科オドリコソウから抽出したエキス。カテキン型タンニンやフラボノイドを含み、収れん作用や抗炎症作用に優れます。

24オランダカラシエキス

セリ科オランダカラシから得たエキス。辛味配糖体シニグリン(ミロン酸カリウム)やビタミン類を含み、血行促進作用、抗菌作用、発毛・皮膚細胞活性化作用があるとされます。

25ゴボウ根エキス

牛蒡の根から抽出。抗炎症・血行促進作用を付与します。

26セイヨウアカマツ球果エキス

西洋赤松の球果から抽出したエキスで、血行促進、抗炎症、収れん作用などを付与。

27ローズマリーエキス

シソ科常緑樹ローズマリーの葉から得たエキスです。精油としてもおなじみですが、フラボノイド、タンニン、フラボノイド類などを含みます。抗菌作用・抗炎症作用・収れん作用を付与します。

28ローマカミツレ花エキス

キク科カミツレモドキ科植物の花から得たエキス。抗菌・消炎・血行促進作用などを付与。

29スギナエキス

とても根が深く伸びる杉菜のエキス。収斂・抗菌・抗炎症作用を付与します。

30ホップエキス

・ホップエキスは抗酸化作用、抗菌作用、女性ホルモン様作用による育毛効果。また、メラノサイトを活性化させる作用があり、白髪の予防も期待されます。

31レモン果実エキス

32オレンジ油

・油を分解する効果が高いオレンジ油配合。 香りも特徴ですが、脱脂力がややプラスされる点も考慮しましょう。

33カミツレ油

34ポリクオタニウム-10カプリン酸クリセリル

35ラウリン酸ポリグリセリル-2

食品に使われるほど安全性の高い乳化剤です。穏やかな静菌作用も

36ラウリン酸ポリグリセリル-10

親水性乳化剤。ニキビの原因アクネ菌の殺菌にも役立つ。

371,2-ヘキサンジオール

38カプリリルグリコール

静菌作用を有する保湿剤として使われます。

販売元による宣伝文

毛先まで美しい髪を維持し、髪に弾力と潤いを与える自然派ヘアケアリンスです。カオチン系の界面活性剤を使用せずお肌の栄養クリームと同じ成分に天然アロマ精油を配合しました。ヨーロッパの海藻エキス配合。紫外線からも髪を守ります。

コスメパティシエ ナチュラルハーブコンディショナー オレンジの関連商品

コスメパティシエ ナチュラルハーブコンディショナー オレンジを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。