クールバブルワックスRの解析結果

総合順位

124

総合得点 5点満点

1.85
成分数エキス系特効ダメ
13001
素材 
0.9
安全性
2.9
コスパ 
1.7
環境 
2.4
補修力
2
潤滑性
2.4
頭皮改善 
1.9
ツヤ 
2.2
持続性
2.4
感触 
2

クールバブルワックスRの解説

ユニークなメレンゲタイプのワックスです。

泡がちぎってつけることができるユニークな形状で、スタイリングが面白くなること間違いなし。

成分的にはワックスということでそれほど変わったモノはありません。

軽い保湿とつや出しという構成になっています。

使用感では、比較的かたちをつけやすいちょっとだけ硬めなワックスといったところ。

動きをつけたいところにメレンゲをちぎってつける→広げていく感じでいいでしょう。

クールバブルワックスRの全成分

1

2LPG

3エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

4ミリスチン酸

ヤシ油、パーム油に多く含まれる炭素数14の飽和脂肪酸。IUPAC系統名はテトラデカン酸。

5アクリル酸アルキルコポリマーAMP

6TEA

トリエタノールアミンです。主にアルカリ剤として使われますが、この成分単独では発がん性物質を誘発する懸念があると言われたことがあったため、日本製の製品ではあまり登場しない成分です。ただし、発がん性に関しては通常の利用場面では起こりづらいケースであり、この成分が即NGとは言い切れないが、より安全性を高めた素材がチョイスされることに関しては歓迎であろう。

7セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

8PEG-60水添ヒマシ油

可溶化を目的に配合。低刺激。水系での透明処方に適す。

9PEG-20ソルビタンココエート

10ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

11ゼラチン

12パラベン

13赤102

販売元による宣伝文

メレンゲタイプのちぎれる泡のワックス。手にとって→ちぎって→つけるユニークな使い方でしっかりセット!ツヤを出しながら揺れ動く毛束感を演出します。無香料・ノンフロン

クールバブルワックスRの関連商品

クールバブルワックスRを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。