クラブコスメチックス クラブ すっぴんクリーム マシュマロマットの解析結果

総合順位

27

総合得点 5点満点

3.15
成分数エキス系特効ダメ
35200
  • クラブコスメチックス クラブ すっぴんクリーム マシュマロマットの詳細情報
  • クラブコスメチックスの関連商品
  • [JANコード] 4901416176241
  • [商品ID] 5985
  • [容量] 30ml
  • [参考価格] 1296円
  • [1mlあたり] 約 43.2円

クラブコスメチックス クラブ すっぴんクリーム マシュマロマット解析チャート

クラブコスメチックス クラブ すっぴんクリーム マシュマロマットの解説

環境に優しいタイプのフェイスクリーム

いわゆるPEGフリーと言われる処方タイプで、環境に優しい。



植物由来成分が多くマイルド感あり。

ポリエチレングリコールフリーという作り方は、石油由来成分の環境への負荷を軽減する、という点では有効です。

また、単純に脱脂されづらくなるので肌の乾燥を抑止する可能性が増える、という見方もできます。

しかしながら、安全性や性能がPEGフリーだからアップする、というわけではありません。



ポリエチレングリコール(PEG)自体は基本的に安全ですし、性質をかなり精密にコントロールして狙った効果だけを付与するようなイメージですので、

PEGがあるから駄目というわけではありません。



PEGがないことによって性能が落ちてしまうことのほうが多いと思うくらいです。

また、PEGのみならずシリコーン系の被覆成分もないというのも特徴的です。

その代替として配合されているであろう成分もいくつか見られますが、安全性では全く問題ないシリコーン系成分に比べると若干リスクは上昇しているほか、サラサラ感もやや低下していると見られます。



決して悪い仕上がりや使用感とはなりませんが、あえて利便性の高い成分を抜きにして感触を落としているように見えます。

そのこだわりは本当に必要なのかな?という点は人によって評価が分かれるところでしょう。







クラブコスメチックス クラブ すっぴんクリーム マシュマロマットの全成分

1

2トリエチルヘキサノイン

酸化安定性に優れ、さっぱりした感触のエステルオイルです。

3プロパンジオール

炭素数3のグリコールです。異性体にプロピレングリコールがあります。抗菌・保湿剤として用いられ、安全性が高いと言われていますが、実は天然由来を謳うわりにBGやPGとさほど危険性は変わらない可能性があると言われている。

4グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

5ジステアリン酸ポリグリセリル-3メチルグルコース

植物由来・PEG(ポリエチレングリコール)フリーのマイルドな乳化剤。輝きのある白色のエマルションを形成。高温および凍結/解凍安定性を有する。あらゆる種類の油剤との親和性が高い。皮膚に対して非常にマイルドである事が立証されている。

6エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

7メタクリル酸メチルクロスポリマー

8タルク

滑石という鉱石を砕いて微粉末状にした無機粉末です。白色できれいな光沢をもつこと、化学的に不活性で耐熱性にも優れるため、ベビーパウダー、フェイスパウダーによく使われる素材です。アスベストが含まれるなどの危険性が指摘されたため、あまり使われることは多くなくなっています。

9ビスジグリセリルポリアシルアジペート-2

ラノリンに類似したペースト状のエステルです。体温付近に融点を持ち、肌なじみよく延びが良い、高抱水性オイルです。

10(HDI/トリメチロールヘキシルラクトン)クロスポリマー

潤滑性の良い感触、ファンデーションの基剤として多く用いられています。一般に、着色剤の目的と同時に使用感や性状を調整する目的で、メークアップ化粧品を中心に使用されています。

11マイカ

雲母のことです。別名含水ケイ酸アルミニウムカリウム。電気絶縁性や耐熱性に優れる安定した構造で、パールのような光沢を与えたい場合に多く用いられます。潤滑な感触を持つため、ファンデーションなどに使われます。

12テトライソステアリン酸ペンタエリスリチル

13酸化チタン

別名二酸化チタンとも呼ばれる白色顔料で、紫外線UVB散乱剤として使われる他、着色用(例:おしろい)、歯のホワイトニングなどにも使われます。酸化チタンにブラックライトをあてると活性酸素が発生し、これがホワイトニング効果や殺菌作用を付与する。延びの悪さや白浮きといった課題があり、処方に配慮が必要。

14アクリル酸Naグラフトデンプン

様々な形状のゲル化・レオロジー調整を目的とした成分です。

151.2-ヘキサンジオール

16フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

17アクリレーツコポリマー

18メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

19香料

香りづけ。

20(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー

水に素早く分散するアクリル酸系の増粘剤。製品中では、乳化安定、親水性増粘などの目的で配合されます。耐塩性にも優れ、水に混ぜるだけで膨潤。透明処方にも適します。

21カルボマー

カルボキシビニルポリマーのこと。水溶性増粘剤で、1%以下の配合で粘度をコントロールできる。耐塩性がやや低い。

22シリカ

主に二酸化ケイ素のことです。吸水性が低いため、ファンデーションなどが湿気により固形化するのを防ぐ役割や、乳液の安定性を高めるためなどで利用されます。

23トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

24水酸化K

水酸化カリウムです。苛性カリとも呼ばれ、強いアルカリ性を示し、タンパク質に対し強い腐食性があるため劇物に指定されています。主に石けんを作る際の材料として使われるほか、界面活性剤に配合され強烈な油汚れやタバコのヤニ落としなどに用いられる。また、配管に詰まった毛髪を溶かす用途でも使われる。ただし、劇物に指定されているように非常に物性が強いため、専門的な業者によって使われることが多い。

25BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

26酸化スズ

光沢や発色のための顔料です。

27アルギニン

28ヒアルロン酸Na

・ヒアルロン酸ミックスを配合。しっとりとしたタッチを演出しています。

29硫酸Ba

30フィチン酸

31アルゲエキス

海中・陸の淡水域に生息する藻類のエキス。保湿効果やDNA週副作用、コラーゲン生成作用などを期待。

32酸化銀

銀の酸化物で、非常に高い殺菌作用、消臭効果など。銀イオンによる酸化触媒作用を利用して、酸素を活性酸素に変えて殺菌効果を付与。また、細菌の細胞膜を通過して、細胞内の酵素の働きを阻害して細胞死に導く効果も。配合量や使用法によっては、肌自身を酸化させてしまう懸念も?

33水溶性コラーゲン

コラーゲンの形をそのままに水に溶解させたのがこの水溶性コラーゲンです。魚の骨や皮、うろこを原料として、匂いが少なく吸収性が高いのが特徴です。

34アーチチョーク葉エキス

有効成分シナロピクリンには、肌荒れを防いだり、肌と毛穴を引き締め、毛穴の黒ずみを目立たなくし、乱れた毛穴にハリと弾力を与えます。遺伝子レベルで効果を発揮。毛穴トラブルの原因となるNF-kBの過剰な働きを抑制してくれます。

35酸化鉄

文字通り酸化された鉄のことです。化粧品で様々な色調を表現するのに使われる素材で、吸油性、分散性に優れ取り扱い易い。

販売元による宣伝文

24時間いつだって「肌きれい」って言われたい、そんな女性たちの願いを叶え、スキンケアでありながら素肌をきれいに見せてくれるフェイスクリームです。スキンケアクリームなので洗顔不要です(*)。フィルター成分(アルゲエキス)がタバコの煙やホコリ等からお肌をガードします。また、ヒアルロン酸・コラーゲン(保湿成分)が潤いを与え、お肌を乾燥から守ります。ホワイトフローラルブーケの香り。

クラブコスメチックス クラブ すっぴんクリーム マシュマロマットの関連商品


楽天でクラブコスメチックス クラブ すっぴんクリーム マシュマロマットを買う

クラブコスメチックス クラブ すっぴんクリーム マシュマロマットを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。