クリアレックスWbの解析結果

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【医薬部外品】クリアレックスWb 450ml02P13Dec15
価格:2052円(税込、送料別) (2018/2/16時点)


総合順位

81

総合得点 5点満点

1.86
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
132001
洗浄力
4.7
素材 
0.8
安全性
1.9
環境 
2.8
補修力
1.7
潤滑性
1.6
頭皮改善 
1.4
ツヤ 
1.6
感触 
1.5
洗浄剤
1.6

クリアレックスWbの解説

明確に殺菌タイプのボディソープだが、リスクやや低

同じく殺菌を標榜するボディソープは数ありますが、このくらいならギリセーフです。

言うなれば、歯磨き粉の殺菌に似たタイプといえるかもしれません。



ラウロイルサルコシンナトリウム、イソプロピルメチルフェノールといった殺菌成分配合で、

洗浄力は高くないが殺菌して肌をコントロールするよ、という製品です。



問題となる殺菌力の程度は、中程度です。



ひどく、やり過ぎというほど殺菌はしませんが、たしかに殺菌力は有する程度です。

殺菌をする必要がある、というケースであれば選択肢に入ってもいいかなといえます。



ただ、本当に体中を殺菌する必要があるの?ということは自問すべきかもしれません。

背中ニキビとか体臭の問題で使いたくなるケースがあるかもしれませんが、その場合はなるべくピンポイントで、



必要もないのに使うべきではないタイプだと認識しておく必要ありです。



通常のボディはむしろ常在菌が残っていて初めて肌を弱酸性に保てたり、潤いを維持できるため、

無闇に殺菌するのはデメリットの方が圧倒的に多いということをお含みおきください。

クリアレックスWbの全成分

1イソプロピルメチルフェノール

微生物や真菌類にも効果のある殺菌剤ですが、人体への刺激は低い素材です。

2グリチルリチン酸ジカリウム

細胞レベルで抗炎症作用をもたらす甘草由来の素材。また、白血球内の免疫細胞を強化する働きもあるとされています。

3POEラウリルエーテルリン酸

4ラウリン酸アミドプロピルベタイン液

ラウラミドプロピルベタインのことです。両生界面活性剤できめ細かい泡質であったり、使用感の良さが特徴です。単体で使われるよりは、他の界面活性剤の補助役として配合されることが多いです。

5ラウロイルサルコシンNa

アミノ酸系洗浄剤の一種ですが、歯磨き粉に殺菌成分として配合されることが多い成分でもあります。つまり、アミノ酸系といいながら性格的にはきつめであり、脱脂力と殺菌性で通常の頭髪には必ずしも喜ばしい洗浄剤とはいえません。

6ラウリン酸ジエタノールアミド

7PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

8グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液

9フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

10ラベンダー油

シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。ただし、酸化により接触アレルギーを起こす可能性もある。

11ジステアリン酸グリコール

コストが安いパール化剤。典型的な白色のパール化に用いられる処方が容易な素材。

12水酸化K

水酸化カリウムです。苛性カリとも呼ばれ、強いアルカリ性を示し、タンパク質に対し強い腐食性があるため劇物に指定されています。主に石けんを作る際の材料として使われるほか、界面活性剤に配合され強烈な油汚れやタバコのヤニ落としなどに用いられる。また、配管に詰まった毛髪を溶かす用途でも使われる。ただし、劇物に指定されているように非常に物性が強いため、専門的な業者によって使われることが多い。

13クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

販売元による宣伝文

医薬部外品
洗って殺菌できる低刺激性・弱酸性の洗浄料
雑菌が原因のニキビやニオイ予防
○入浴時の全身洗浄
お子様の入浴○食事・調理前の手洗いに
パラベンフリー
弱酸性の洗浄料
○食事・調理前の手洗いに
「無香料」(製品の香りはハーブオイル成分によるものです)
「フレルギーテスト済み」(すべての方にアレルギーが起こらないというわけではない
適量をとり、よく泡立てて洗った後、洗い流して下さい」(使用上の注意)●お肌に異常が生じていないかよく注意して使用して下さい。●湿疹、皮膚炎(かぶれ、ただれ)等の皮膚障害があるときには、悪化させるおそれがありますので使用しないで下さい。●かぶれたり、刺激を感じたり、色抜け(白斑等)や黒ずみ等があらわれたときには、使用を中止して下さい。●目に入ったときは、直ちに洗い流して下さい。●乳幼児の手の届かない所に保管して下さい。

クリアレックスWbの関連商品

クリアレックスWbを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。