藍と紫根のキャビア美容液 の解析結果

総合順位

58

総合得点 5点満点

2.9
成分数エキス系特効ダメ
33720
  • 藍と紫根のキャビア美容液 の詳細情報
  • シェモアの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 4761
  • [容量] 30ml
  • [参考価格] 3218円
  • [1mlあたり] 約 107.27円

藍と紫根のキャビア美容液 解析チャート

藍と紫根のキャビア美容液 の解説

キャビアのようなカプセルに藍と紫根エキス。



美容液といえば、粘性の高いジェルっぽいような形状が多いと思いますが、

この製品は一風変わった様子。

なんと、キャビアのようなカプセルにin。

このプチプチを肌に乗せて広げていく、プレミアム感あふれる美容液です。





面白いのは見た目だけではなく、中身のクオリティも注目です。

肌への負担が少ない素材をベースに、エモリエント感を楽しめるタッチ。

メインは藍と紫根エキス。

高いアンチエイジング効果と、美白作用を期待できる素材です。

さらに、桜葉エキス、乳酸桿菌ぶどう果汁/西洋梨果汁エキスにアロエ、ゆず、プラセンタ、コラーゲン、シアノコバラミンにクチナシエキスなど、

高い美白作用・抗酸化作用、保湿作用を肌に残す質の良い美容液と言えるでしょう。

潤い力と美白力の高さはかなり良いレベルにあるようです。

何しろクオリティの高さもありますが、かなり独特なキャビアな見た目が面白いので、

特別なプレゼントなどとしても有効でしょう。

女性にプレゼントなどしたら、まちがいなく良いリアクションを期待できますし、実際に中身も良いという良品。

藍と紫根のキャビア美容液 の全成分

1

2オクタカプリル酸ポリグリセリル-6

比重が1に近いため、低粘度でも製品中で分離しにくくする効果がある油剤です。

3グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

4ペンチレングリコール

1,2-ペンタンジオールとも呼ばれます。グリセリンとも近い多価アルコールというカテゴリの成分で、BGよりも低濃度で必要な殺菌性を得ることができるため、比較的安全性を売りにする製品に採用される傾向があるようです。また、さらっとしたベタつきのない使用感も特徴。

5BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

6メチルグルセス-20

・メチルグルセス-20は潤い感のある皮膜を形成。ナチュラルな使用感と保湿性が特徴のメチルグルコシド誘導体です。

7アルギニン

8アイ葉/茎エキス

9ムラサキ根エキス

紫根抽出エキスです。抗菌・新陳代謝促進、抗炎症作用などを付与します。

10グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

11ソメイヨシノ葉エキス

メラニンの生成を抑制する作用、抗炎症・育毛・ヒスタミン遊離抑制作用などを付与します。

12ヒアルロン酸Na

・ヒアルロン酸ミックスを配合。しっとりとしたタッチを演出しています。

13加水分解ヒアルロン酸

14乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液

発酵によりリンゴ酸の一部が乳酸に変化し、ブドウ果汁エキス単体よりもAHA効果が高まります。穏やかなピーリング作用により、古い角質の除去作用があります。

15乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液

発酵によりリンゴ酸の一部が乳酸に変化し、ブドウ果汁エキス単体よりもAHA効果が高まります。穏やかなピーリング作用により、古い角質の除去作用があります。

16アロエベラ葉エキス

ユリ科アロエベラの葉エキスです。創傷治癒、美白、抗炎症作用などを付与。

17ユズ果実エキス

18プラセンタエキス

美白作用や抗シワ作用があるとされますが、肌に塗るという使用法ではやや効果が疑問視されます。様々な効能や栄養素が含まれる、と言われますが、裏を返せばどの効果も薄いということもあり、プラセンタ配合のおかげで実際にメリットがあったという有効な研究結果も乏しいものです。

19加水分解コラーゲン

20グリセリルグルコシド

・グリセリルグルコシドは糖とグリセリンがくっついた保湿剤。泡質の改善、滑らかさの付与、保湿効果などを与えます。

21アルギン酸Na

海藻のネバネバ成分はこれです。多糖類の一種で高い保湿作用を付与します。

22パルミチン酸レチノール

・パルミチン酸レチノールはビタミンA誘導体で、抗シワ、抗老化、たるみ、シミ、乾燥を防ぐ効果を付与。ただし、摂り過ぎは副作用の懸念あり。

23トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

24シアノコバラミン

ビタミンB12と呼ばれる成分で、体内では補酵素として働くピンク色の成分です。眼精疲労などの治療に使われていたり、整肌作用を付与します。不足すると悪性貧血を起こします。スキンケアでは毛細血管補強作用やタンパク質の合成と補修作用があり、エイジングケアに役立ちます。

25加水分解クチナシエキス

26キサンダンガム

271,2-ヘキサンジオール

28PVP

ポリビニルピロリドンのこと。皮膜形成剤で肌や髪にハリ・コシを与える目的で配合される。ただ、吸湿するとハリが失われやすく、持続性に難あり。

29テトライソステアリン酸スクロース

30ラウレス-9

31クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

32コーン油

リノール酸、オレイン酸の含有が多いトリグリセライドで、エモリエントでリッチな感触を与える効果。

33エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

販売元による宣伝文

藍と紫根成分がぎっしり詰まったギャビアのような美容液ジェル!

藍と紫根のキャビア美容液 の関連商品

藍と紫根のキャビア美容液 を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。