キャンライフ(CanLife)頭皮ケアコンディショナーの解析結果

総合順位

1145

総合得点 5点満点

1.89
成分数エキス系特効ダメ
23300
  • キャンライフ(CanLife)頭皮ケアコンディショナーの詳細情報
  • CanLife(キャンライフ)の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 333
  • [容量] 200ml
  • [参考価格] 1890円
  • [1mlあたり] 約 9.45円

キャンライフ(CanLife)頭皮ケアコンディショナー解析チャート

キャンライフ(CanLife)頭皮ケアコンディショナーの解説

ベースはシリコンから始まる凡庸な作りのコンディショナーで、

ステアルトリモニウムクロリドは4級のカチオン界面活性剤。特に肌刺激を考慮しているわけではありません。

アロエ、スクワラン、ニームエキスといった保湿エキス配合。

全体としては、コンディショナーとして最低限といったレベルの効能で、

さらっとした仕上がりは感じられますが、あえてこの製品を選ぶほどの理由が見出しにくいでしょう。

特筆すべき刺激性の低さや、コンディショニング作用の高さがあるわけでもなく

もっと良い選択肢が非常にたくさんあると言えます。

キャンライフ(CanLife)頭皮ケアコンディショナーの全成分

1

2ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

3ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

4アロエベラ液汁-1

5ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

6セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

7オレイルアルコール

8スクワラン

肌本来の保護油としても知られています。汗などの水分と混ざることで皮脂膜を形成し、肌や髪を保湿、保護、潤滑させる作用があります。

9イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

10メリアアザジラクタ葉エキス(ニームエキス)

インド中部センダン科のニーム葉から得たエキス。高い保湿力、美白、メラニン抑制、抗炎症予防、肌荒れ抑制作用、抗菌作用を付与。アーユルヴェーダの薬として、ニームの葉、実、樹皮が治療薬として重宝されている。

11甘草エキス

12トコフェロール(天然ビタミンE)

13乳酸

14カラメル

15エチドロン酸

16ステアラミドプロピルジメチルアミン

3級カチオン界面活性剤です。一般的な陽イオン界面活性剤よりも肌刺激がソフトです。ただし、ダメージ修復能力は弱いです。サラサラ仕上げ。ボリューム感を付与する効果も。

17ジココジモニウムクロリド

四級カチオン界面活性剤。やや刺激性はソフト寄りだが、肌に直接つけることは好ましくない素材。髪に対してコンディショニング効果を速やかに与える。ダメージ部に選択的に吸着し、髪の疎水性を上昇させダメージの進行を抑制する効果。

18ヒドロキシエチルセルロース

19アミノプロピルジメチコン

ジメチコンの一部をアミノプロピル基で置換したもの。

20シクロペンタシロキサン

環状シリコーンであり、揮発性を有する。蒸発すると皮膜が形成されるタイプで、さらっとした軽い感触を残す性質がある。

21BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

22フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

23香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

抗がん剤治療中のがん患者さんにおすすめするシャンプーとコンディショナーは、抗がん剤の副作用によって脱毛中の方に特におすすめするものです。【おすすめポイント】水と石鹸だけで作られている単純無添加なシャンプーとコンディショナーをお探しの方には、こちらの商品はおすすめいたしません。キャンライフがお薦めするシャンプーとコンディショナーは、危険な合成界面活性剤は使っていないことはもちろん、植物由来の成分でできていることは大前提で、洗髪中や洗髪後に髪がキシキシきしんだりせず、ブラシがひっかかったりしないこと。乾いた後の髪の毛が、ゴワゴワにならないものを探しました。脱毛中は、頭皮が敏感になっていて痛むことがあるので、髪の毛がきしんて引っ張られるようなことにならないものを探し、数十種類のシャンプー・コンディショナーを試してセレクトしています。抗がん剤治療での脱毛中は、ただでさえ、洗髪にストレスを感じます。そんなときの洗髪は、髪の毛が手にひっかかったり、キシキシきしむことがないようなシャンプー・コンディショナーをお薦めします。安全であればいいだけでなくて、治療中の洗髪が少しでも快適でありますように、香りや感触からも癒される効果のあるシャンプーとコンディショナーをご用意しました。【アーユルライフ スカルプケア】アーユルヴェーダで伝統的に使用されてきたハーブエキス配合で、頭皮と髪の毛に悩みを抱える人たちに与えられた「頭皮と髪のためのスキンケア」です。スカルプケアに、伝統的なアーユルヴェーダのエッセンスを加えています。コンディショナーアロエやニームなどのハーブエキス(うるおい成分)が頭皮と髪に潤いを与えます。ほのかに甘いエキゾチックな香りです。

キャンライフ(CanLife)頭皮ケアコンディショナーの関連商品

キャンライフ(CanLife)頭皮ケアコンディショナーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。