カミロンランスゼット の解析結果

総合順位

1301

総合得点 5点満点

1.82
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
52001

カミロンランスゼット 解析チャート

カミロンランスゼット の解説

最低クラスの安上がりに作っただけな一品



ラウレス硫酸Na&ラウリル硫酸TEAという、ダメな洗浄剤の典型なベース。

その他には、こちらも刺激性のPGと何かと嫌われ役のパラベンくらい。



シンプルで抜群にダメ



全詩文がこれしかないのに、これほどダメな成分だけを集めたものも少ない。



シンプルにダメな構成であって、何もオススメする点がありません。

肌や髪を傷めつけたいなら使えば良いでしょう。

カミロンランスゼット の全成分

1ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩

主にラウレス硫酸ナトリウムのこと。強い洗浄力と泡立ちが特徴で、安価なため多くのシャンプーに使われています。ラウリル硫酸ナトリウムと比較すると分子量が大きいため皮膚に浸透しにくい。その特徴から、皮膚刺激性は低いが肌バリアを強く洗浄するため、他の要素による皮膚刺激を誘発することも考えられる。コンディショニング効果はないに等しい。脱脂力が強すぎるため皮膚の弱い方にはおすすめできない。

2ラウリル硫酸トリエタノールアミン

3プロピレングリコール

PGです。抗菌・浸透・保湿・溶剤として用いられますが、経皮吸収性を懸念される部分もあるので、より低刺激な製品としてはDPGやペンチレングリコールなどが用いられるでしょう。

4パラベン

5青色1号

販売元による宣伝文

フローラルの香り。ジンクピリチオン(zpt)の配合で地肌のすみずみまで効果的に働き、 フケ・かゆみを防ぐとともに、頭皮をすこやかに保ちます。(フローラルの香り)

カミロンランスゼット の関連商品

カミロンランスゼット を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。