椿QUEEN ヘアクリーム

総合順位

294

総合得点 5点満点

1.61
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

椿QUEEN ヘアクリーム 150g
価格:669円(税込、送料別) (2018/5/22時点)


成分数エキス系特効ダメ
42601
  • 椿QUEEN ヘアクリームの詳細情報
  • 黒ばら本舗の関連商品
  • [JANコード] 4901508973840
  • [商品ID] 6589
  • [容量] 150ml
  • [参考価格] 745円
  • [1mlあたり] 約 4.97円
椿QUEEN ヘアクリーム解析チャート

椿QUEEN ヘアクリームの解説

潤いアクセレーターだが、リスクも

椿オイルの配合は他より多めといえますが、実際にエモリエントなタッチや仕上がりを実現しているのは他の成分に拠るところが多いでしょう。

それ自体は良くも悪くもありませんが、疑似セラミドや(ダイマージリノール酸/ステアリン酸/ヒドロキシステアリン酸)ポリグリセリル-10、アミノ酸、アミノ変性シリコンなどが存在感の強いクリームです。

特に皮膚に刺激になるような要素も見当たらず、ヘアクリームとして潤いを強調するという意味では役立つでしょう。



しかし、潤滑性、スムース感、持続性、補修性といったものはあまりなく、サラサラ感もあまりないのでちょっとべたつく感じがあるかもしれません。



そして、TEA(トリエタノールアミン)の配合の多さ。

この成分は発がん性を誘発する懸念からあまり好ましいものではない、という見方がある上、洗い流さず、配合量も目立つという状況ではリスクが上昇すると考えるのが普通です。



使ってすぐ刺激に感じるとか、すぐにガンになるというわけではないのがある意味曲者で、安全性を重視するならこの部分が懸念となることを認識すべきでしょう。



その潤いの強さからして髪のパサツキを収めたいといった要望には十分に応えられますが、

総合的に見ると完成度はあまり高くないように思います。

椿オイルはベースの1つとして配合されているが、



椿オイルの存在を忘れるほど他のエモリエント成分の主張が強い

販売元による宣伝文

椿油が髪にツヤを与え、補修成分でハリ・コシのある髪に導く洗い流さないヘアトリートメントです。スキンケアレベルの高保湿成分AquaSpeed配合。髪と頭皮の潤いベースケア処方で、乾燥を防ぎます。また、バイオ高水分保持ポリマーで潤い保湿します。紫外線から髪を守るUVカット成分も配合しています。
    椿QUEEN ヘアクリームの関連商品
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

椿QUEEN ヘアクリーム 150g
価格:669円(税込、送料別) (2018/5/22時点)


椿QUEEN ヘアクリームの解析結果 | シャンプー解析ドットコム株式会社アナリスタはシャンプー解析ドットコム・カイセキストアを運営。シャンプー・トリートメント・コスメなどのランキングを公開中。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。