CACメンブレン ヘアーシャンプー の解析結果

総合順位

781

総合得点 5点満点

2.3
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
163000
  • CACメンブレン ヘアーシャンプー の詳細情報
  • 株式会社CACの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 2004
  • [容量] 400ml
  • [参考価格] 1944円
  • [1mlあたり] 約 4.86円
洗浄力
1.1
素材 
2.2
安全性
4
コスパ 
1.8
環境 
3.9
補修力
2.5
潤滑性
2.8
頭皮改善 
2.4
ツヤ 
2.2
持続性
2.2
感触 
2.9
育毛
1.8
洗浄剤
2.3

CACメンブレン ヘアーシャンプー の解説

アミノ酸系洗浄剤で洗う、しっとりシャンプー。

アミノ酸系界面活性剤に、アミノ酸各種も配合、防腐剤までアミノ酸系という熱の入れようで、

言うまでもなくマイルド・しっとりタイプの典型的な製品に仕上がっています。

肌へのマイルドさを重視し、肌の乾燥に悩むような方に適した一品と言えるでしょう。



ただしさっぱり感に欠けるため、しっとりしたタッチが苦手な方は他を当たりましょう。

CACメンブレン ヘアーシャンプー の全成分

1

2ココイルグルタミン酸K

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

3ココイルグルタミン酸Na

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

4ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

5カルボマー

カルボキシビニルポリマーのこと。水溶性増粘剤で、1%以下の配合で粘度をコントロールできる。耐塩性がやや低い。

6水酸化Na

7シクロデキストリン

8フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

9ポリアミノプロピルピグアニド

10EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

11カプリリルグリコール

静菌作用を有する保湿剤として使われます。

12BHT

ジブチルヒドロキシトルエン。脂溶性フェノールであり、酸化防止剤として化粧品では使われる。変異原性、催奇性を疑われており、食品などでは使用を自粛している会社もある。

13トレハロース

14グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

15アラニン

16チロシン

販売元による宣伝文

多糖類をはじめとする、糖類各種とアミノ酸で出来た、ノンオイル・微酸性の全身洗浄料です。さっぱりとした洗い上がりで、肌や髪の負担を抑えます。

CACメンブレン ヘアーシャンプー の関連商品

CACメンブレン ヘアーシャンプー を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。