BSスタイリング バウンシー フォームの解析結果

総合順位

141

総合得点 5点満点

1.72
成分数エキス系特効ダメ
22201
  • BSスタイリング バウンシー フォームの詳細情報
  • アリミノの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 297
  • [容量] 230ml
  • [参考価格] 2100円
  • [1mlあたり] 約 9.13円

BSスタイリング バウンシー フォーム解析チャート

BSスタイリング バウンシー フォームの解説

皮膜ネットワークにより弾力を与えますが、、

ポリクオタニウム-56はイソホロンジイソシアネート、ブチレングリコール及びジヒドロキシエチルジモニウムのメチル硫酸塩からなる4級アンモニウム塩で、皮膜形成、コンディショニング効果を付与。

(メタクリロイルオキシエチルカルボキシベタイン/メタクリル酸アルキル)コポリマーはpHや添加物の影響を受けにくい乳化剤として機能します。

ツバキ花エキスは抗酸化作用、5α-リダクターゼ阻害作用(抗男性ホルモン様作用)を発揮。

オウゴンエキスは抗酸化、保湿、抗炎症、抗菌、抗アレルギー作用。

TEA(トリエタノールアミン)はpH調整(アルカリ)剤ですが、一定の条件が揃うと発がん性物質ニトロソアミンを生成する可能性が僅かにあります(洗い流す製品ならOK)。

ジメチコン、乳酸、シルクなどが他に配合され、サラサラ感を付与。

総合すると、スタイルが崩れにくいしっかりした皮膜により、ウェーブキープ用などにはちょうどいい質感でしょう。

質の高いものと比べると、やや見劣りする設計といえますが、目的がウェーブキープならとりあえず役目は果たすタイプ。

肌にはまずまずマイルドで、刺激性の心配はあまり必要ないでしょう。

BSスタイリング バウンシー フォームの全成分

1

2LPG

3エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

4グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

5ポリクオタニウム-56

6ツバキ花エキス

・ツバキ花エキスは抗酸化作用、5α-リダクターゼ阻害作用(抗男性ホルモン様作用)を発揮。

7オウゴンエキス

シソ科コガネバナの根より抽出したエキスです。抗炎症・抗アレルギー作用をはじめ抗酸化作用・美白作用・収斂作用などを付与。育毛系の製品でもよく利用されるように、男性ホルモンを抑制する効果があります。

8ツバキ油

9イソステアロイル加水分解シルク

・イソステアロイル加水分解シルクは油性成分(イソステアリン酸)と加水分解シルクから作られた毛髪になじみのよい保護成分。

10セテス-20

11ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

12(メタクリロイルオキシエチルカルボキシベタイン/メタクリル酸アルキル)コポリマー

ヘアセット用樹脂。髪への接着性がよく、滑り、自然な弾力性にも優れます。

13ラウレス-23

14ジ(C12-15)パレス-4リン酸

15乳酸

16BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

17イソステアリン酸

18TEA

トリエタノールアミンです。主にアルカリ剤として使われますが、この成分単独では発がん性物質を誘発する懸念があると言われたことがあったため、日本製の製品ではあまり登場しない成分です。ただし、発がん性に関しては通常の利用場面では起こりづらいケースであり、この成分が即NGとは言い切れないが、より安全性を高めた素材がチョイスされることに関しては歓迎であろう。

19メチルイソアゾリノン

20メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

21プロピルパラベン

22香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

●質感を、もっと自由に、もっと強く●コシのない髪にハリと弾力を与え、軽やかなウェーブスタイルを実現●日差しケア成分配合

BSスタイリング バウンシー フォームを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。