ブラック・ケア・ナチュラル・スカルプシャンプー の解析結果

総合順位
666
総合得点 5点満点
2.54
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
95000

ブラック・ケア・ナチュラル・スカルプシャンプー の詳細情報

[製造販売元] テクノビューティーサプライ

[商品ID] 1976
[容量]600ml
[参考価格]5940円
[1mlあたり] 約9.9

洗浄力

1.9

素材 
2
安全性
4.3
コスパ 
3.1
環境 
3.3
補修力
2.8
ツヤ 
2.1
感触 
2.4
育毛
2
洗浄剤
2.5

ブラック・ケア・ナチュラル・スカルプシャンプー の解説

やや脱脂性が高く、粗い印象の洗浄性。

スカルプシャンプーといいますが、ジメチコンの配合などからも高脱脂の洗浄剤を何とか印象良いように見せようと汲々としている印象。



スカルプケアがどうとか、そういった次元ではなく、やや安上がりに作られた印象ばかりが残るのであります。

脱脂力の強い2トップの洗浄剤を、アミノ酸系や両性界面活性剤で幾分刺激緩和していますが、値段から考えてもこのクオリティで満足することは難しいのではないか。





地肌をこざっぱり洗いたいだけであれば悪くありませんが、育毛とは無関係に近いようなシャンプーですので、その点注意が必要です。

ブラック・ケア・ナチュラル・スカルプシャンプー の全成分

1

2PEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Na

コカミドMEAのポリエチレングリコールエーテルの硫酸エステルのナトリウム塩です。高い洗浄力と泡立ち力を持ちますが、アミド基を持つことで肌刺激はソフトに。

3オレフィン(c14-16)スルホン酸Na

ラウレス硫酸ナトリウムなどと同等以上の脱脂力を持ち、起泡力も強い。仕上がりは典型的なさっぱり系で、コンディショニング作用はほとんど期待できずクレンジング目的・泡立ち増強の目的で配合される。

4ココアンホ酢酸Na

皮膚との親和性に優れた両性界面活性剤。強い泡立ち。防腐剤フリーでベビーシャンプーにも適す。

5ラウロイルメチルアラニンNa

アミノ酸型洗浄剤の中で中性タイプといえる素材。洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることもできるでしょう。アミノ酸系シャンプーを欲しいがあまりしっとりさせたくない時に適する。

6ココイルグルタミン酸TEA

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

7コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

8ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

9ステアリン酸PEG-150......@

メーカーの紹介文

クチコミで大人気に!72万人の髪と地肌が実感したシャンプーをさらにパワーアップ!

ブラック・ケア・ナチュラル・スカルプシャンプー の関連商品

ブラック・ケア・ナチュラル・スカルプシャンプー を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。