ビオピュ ボリュームリッチ コンディショナーの解析結果

総合順位
1339
総合得点 5点満点
1.74
成分数エキス系特効ダメ
26600

ビオピュ ボリュームリッチ コンディショナーの詳細情報

[製造販売元] アスプルンド

[商品ID] 3177
[容量]250ml
[参考価格]1260円
[1mlあたり] 約5.04

素材 

1.3

安全性
3.6

コスパ 

1.8

環境 
2.6
補修力
2.2
ツヤ 
2
感触 
2.3

ビオピュ ボリュームリッチ コンディショナーの解説

はちみつの潤いが唯一リッチ感・・肌に優しい処方を目指しているベースのベヘナミドプロピルジメチルアミンから、

ハチミツ、ダイズタンパクが保湿効果を与えています。

あとはエキス類が香りと、保湿効果。

オーガニックといえばオーガニックですが、

肝心のコンディショナーとしての効力は非常に低い。

一般的なリンスよりも大した仕事をしないので、

使っても「?」という感じの印象しか残らないでしょう。

オーガニック最高!という考えの方にはよいですが、

普通にコンディショナーをお探しの方は他を当たりましょう。

ビオピュ ボリュームリッチ コンディショナーの全成分

1

2セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

3ベヘナミドプロピルジメチルアミン

3級カチオン界面活性剤で、肌刺激がマイルドなかわりにコンディショニング効果は低い。ややしっとり感のある感触。

4乳酸

5ベンジルアルコール

芳香族アルコールの一種で、空気中で酸化されると安息香酸になる。各種溶剤としてや芳香性の良さから殺菌剤としても用いられる。 エステル化するとイランイランやジャスミンなどの香りの元となる酢酸ベンジルなどを作ることが可能。

6ハチミツ

・ハチミツ・ローヤルゼリーなどのエモリエント感が感じられやすく、仕上がりにも保湿感を残すでしょう。

7グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

8リモネン

9安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

10デヒドロ酢酸Na

細菌・真菌類に抗菌作用を示す水溶性成分。

11マンダリンオレンジ果皮油

12インゲンマメ種子エキス

13アンズ果実エキス

14ザクロエキス

強い抗酸化作用を持つほか、男性ホルモンを抑制する働きがあることから、皮脂分泌をコントロールする効果を期待できます。また、男性ホルモン由来の男性型脱毛を予防する働きも

15コロハ種子エキス

16セイヨウイラクサエキス

17レモン果皮油

18加水分解ダイズタンパク

19ビルベリー果実/葉エキス

20リナロール

21シトラール

22シトルスメジカブルガリス果皮油

23シトロネロール

24オレンジ果皮油

オレンジの果皮から得たオイルで、ビタミンA,B,C,Eやフラボノイドなどを含有し、美白作用、殺菌作用、整肌作用などを付与する。また、脱脂力も有するのでクレンジングの助剤として使われることも。原液でなければさほど心配いらないが、光毒性を僅かに持つためにその点は注意が必要。

25香料

香りづけ。

26ゲラニオール原料

メーカーの紹介文

細くてコシのないデリケートな髪に、美しいハリとボリューム感を与える自然派ヘアケアコンディショナーです。アンズやネトル(イラクサ)などの植物エキスが頭皮を健やかに整えます。インゲンマメエキス、コロハエキスが髪の弾力性を高め、ハチミツ、ザクロエキス、ビルベリーエキスがうるおいと自然なツヤを与えて、強く弾むような健康的な髪へと導きます。シリコン・ポリマー類、石油系香料、合成着色料、石油系界面活性剤、DEA、MEA、TEA、動物性成分は配合していません。心がやすらぐマンダリンオレンジの香り。

ビオピュ ボリュームリッチ コンディショナーの関連商品

ビオピュ ボリュームリッチ コンディショナーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。