美髪伝説プレミアム スリークコントロールの解析結果

美髪伝説プレミアム スリークコントロールミルフォード『美髪伝説』は、今までどんなトリートメント剤を使っても「ずっと使い続けたい」と感じられなかった人にこそ、ぜひともお勧めしたい一品です。
「ヘアスタイルが今いちまとまらない」「髪がパサつく」「髪が痩せてきた」「髪にツヤがない」などの悩みには、ぜひ一度、本商品をお試しください。
髪にみずみずしい潤いと光沢が甦り、使い続けるほどにどんどん素直になっていく髪を実感いただけるはずです。
シルクのようにしなやかで、ビロードのように光り輝く、まるでCMモデルのような美しい髪を、どうぞこの機会に手に入れてください。

古くより、日本女性の魅力は、しなやかで光沢のある黒髪にあると言われています。蒼く濃く、濡れ羽色に輝く黒髪は、まさに日本人女性の理想美であり、その光彩は神秘的な煌きに満ちています。
『美髪伝説』は、日本女性に受け継がれる髪本来の美しさに着目し、髪のもつ本格的な美しさ、即ち「本質美」を引き出すために開発されたものです。

ツヤ・質感・まとまり・・・どれもがこだわりのグレード。
美髪伝説は一般のシャンプー剤等とは違い、髪の本質美を引き出すために作られた「髪質コントロール剤」です。糸を引くほど濃厚な天然成分で作られたがゆえに、有用成分が沈殿する場合がございますが、品質には全く問題ございません。
むしろこれこそが本物の証。その名を【伝説】と称される理由です。

総合順位

647

総合得点 5点満点

2.61
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
6442720
  • 美髪伝説プレミアム スリークコントロールの詳細情報
  • ミルフォードの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 6557
  • [容量] 250ml
  • [参考価格] 3240円
  • [1mlあたり] 約 12.96円
洗浄力
1.3
素材 
2.5
安全性
6.2
コスパ 
2.7
環境 
4.4
補修力
0.2
潤滑性
1.6
頭皮改善 
3.6
ツヤ 
0.8
持続性
2.7
感触 
3
育毛
0.5
洗浄剤
2.3

美髪伝説プレミアム スリークコントロールの解説

実に特徴的な処方ですが、高品質ではない

処方自体はユニークで”こうしたい”というのが伝わってくる設計。



しっとりした感触で髪をまとめようと言う糸が非常に強い。


ココイルグルタミン酸トリエタノールアミン ベースにポリクオタニウム-7というかなりアクの強い処方です。

しっとりというよりべったりとした作りであり、このべったり感でハメをまとめようと言う斜め上をいく処方といえるでしょう。

これが気に入るか気に入らないかは人によるでしょうが、一般的な考えでは感触が悪く洗い上がりも快適とは言えない為あまり見られない作り方です。

髪がまとまると言ってもキューティクルが補修されたとか髪が健康な状態に補修された結果ではなく、

しっとり感という重みで一時的に押さえつける考え方です。



一応アミノ酸系シャンプーと言えるので、肌に刺激性などは心配ない点は喜ばしいところですが、

アミノ酸系シャンプーの中では質が低い方と言われる典型的なパターンです。



この洗浄剤のみならず、ポリグルタミン酸やヒドロキシプロピルシクロデキストリン、ヒアロベール、アミノ酸各種などなど、徹底的にしっとりさせる成分を詰め込んだ内容。

さっぱり感は無縁で泡立ちもかなり重くなることが容易に予想されます。

少なくてもシャンプーとしてのクオリティで評価するならば、この設計は美しいものとは言い難いものがあります。

何はさておきとにかくべったりした感触のシャンプーが欲しい!という人以外には おすすめしないと思います。

美髪伝説プレミアム スリークコントロールの全成分

1

2ココイルグルタミン酸TEA

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

3ポリクオタニウム-7

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液で、コンディショニング効果を付与する他に泡質をきめ細かく増加させる機能があります。

4ラウラミドDEA

ラウリン酸ジエタノールアミドという構造で、増粘・乳化、泡立ち補助目的で配合される非イオン界面活性剤です。

5コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

6コカミドメチルMEA

・コカミドメチルMEAは、一般的なコカミドDEAより起泡性や持続性・泡量が優れる。

7ココイルメチルタウリンNa

アミノ酸型洗浄剤の中でもバランスの良さはトップクラス。適度な洗浄性、泡立ちの安定性、低刺激、コンディショニング効果や、ベタつきの少なさなど、シャンプーとして使われる場面では優秀な使用感を提供する。

8エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

9ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

10PCA-Na

dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

11乳酸Na

12アルギニン

13アスパラギン酸

14PCA

dl-ピロリドンカルボン酸です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

15グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

16アラニン

17セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

18バリン

19プロリン

20トレオニン

21イソロイシン

22ヒスチジン

23フェニルアラニン

24ヒアルロン酸Na

・ヒアルロン酸ミックスを配合。しっとりとしたタッチを演出しています。

25ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

・ヒアルロン酸の280倍の吸着力を持つヒアロベール配合。
持続的な保湿感を付与しています。

26ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。

27加水分解シルク

28ユズ果実エキス

29ボタンエキス

ボタン科の牡丹の根から抽出。ぺオノール、ペオノリット、ペオノサイト、アラントインを含有し、消炎・血行促進作用・アンチエイジング作用を付与する。

30アルテア根エキス

ヨーロッパ原産のアオイ科植物のビロウドイオイの根より抽出したエキスです。抗炎症作用やヒアルロン酸分解酵素を抑制し肌の保湿力を高める働きがあります。

31フユボダイジュ花エキス

シナノキ科シナノキの葉や花から得たエキスです。シナノキエキス、とも呼ばれます。タンニン、フラボノイドを含有し、抗菌・抗炎症・血行促進作用、収れん作用を付与。

32アルニカ花エキス

キク科アルニカの花から得たエキス。フラボノイド、カロチノイドなどの抗酸化成分や、タンニンの収れん作用、また抗炎症作用などを付与されます。

33モモ葉エキス

成分としてタンニン、フェノール、アミノ酸、フラボノイド、ニトリル配糖体を含んでいます。保湿作用、抗炎症(抗アレルギー)作用、抗酸化(過酸化物抑制)作用、刺激緩和作用、抗菌作用がある。

34ハトムギ種子エキス

ハトムギの種の部分から抽出されたヨクイニンエキスです。優れた抗炎症作用、イボ取り効果、排膿作用などがあります。化粧品では、肌の再生効果、肌荒れを防止したり、抗炎症目的で配合されます。

35レイシエキス

霊芝エキスです。サルノコシカケ科マンネンタケから得られます。β-グルカンを多く含み免疫賦活作用を付与します。

36キハダ樹皮エキス

別名オウバクエキス。優れた抗菌作用を付与します。

37シソ葉エキス

シソ科紫蘇の葉より得たエキスです。ロズマリン酸やフラボノイド配糖体を含み、腫瘍壊死因子の産生を阻害する働きにより抗炎症・抗アレルギー作用をもたらします。抗菌作用目的でも配合されます。

38シャクヤク根エキス

芍薬根エキスは抗酸化作用、抗アレルギー作用、収れん作用、脂肪分解作用、免疫増強作用。また、抗AGEs(抗糖化)作用があることもわかった。

39ブドウ葉エキス

多種のポリフェノールを含むエキスで、抗炎症・皮脂抑制、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンの分解を抑制といった効果を与えます。

40ショウガ根エキス

・ショウガ根エキスはコラーゲン産生促進、女性ホルモン様作用、抗菌作用、血行促進作用、免疫増強作用、発汗作用。

41イチョウ葉エキス

フラボノイドとギンコライドを主成分とし、血流促進効果を期待されます。

42ダイズ種子エキス

イソフラボンによる抗酸化作用や女性ホルモン様作用による男性型脱毛の予防、保湿作用、美白作用などを付与。

43ヨモギ葉エキス

44レモン果実エキス

45センチフォリアバラ花エキス

セイヨウバラの花から抽出したエキス。抗炎症・抗酸化・保湿作用などを付与します。さらに、甘いバラの香りを与える他、美白作用も期待。

46セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス

47カミツレ花エキス

アピゲニン含有、ヒスタミンの遊離抑制により抗炎症作用を示す。

48トウキンセンカ花エキス

キンセンカの花から得たエキス。マリーゴールドと呼ばれる植物です。抗炎症効果が優れます。

49ヤグルマギク花エキス

ヨーロッパの山岳地帯に分布するキク科植物です。アントシアニン、クマリン誘導体などを含み、抗菌・抗炎症・収れん作用などを付与します。

50ローマカミツレ花エキス

キク科カミツレモドキ科植物の花から得たエキス。抗菌・消炎・血行促進作用などを付与。

51スギナエキス

とても根が深く伸びる杉菜のエキス。収斂・抗菌・抗炎症作用を付与します。

52セイヨウアカマツ球果エキス

西洋赤松の球果から抽出したエキスで、血行促進、抗炎症、収れん作用などを付与。

53ホップ花エキス

54ローズマリー葉エキス

抗菌・抗酸化作用・芳香を特徴とするローズマリー。ローズマリーは天然の保存料として用いられ、エイジングケアとしてもすぐれた効果。その他ローズマリーはリウマチやアレルギーにも効果が認められ民間薬として使用されています。

55グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

56ポリグルタミン酸

納豆のネバネバの素がこのポルグルタミン酸です。高い保湿効果を付与し、分解されづらいため持続的に保水効果を保持します。

57リン酸K

58リン酸2Na

59BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

60ヒドロキシプロピルシクロデキストリン

61ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル

真菌に対し特に効果の高い防腐剤

62カプリリルグリコール

静菌作用を有する保湿剤として使われます。

63フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

64香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

『美髪伝説』は、今までどんなトリートメント剤を使っても「ずっと使い続けたい」と感じられなかった人にこそ、ぜひともお勧めしたい一品です。
「ヘアスタイルが今いちまとまらない」「髪がパサつく」「髪が痩せてきた」「髪にツヤがない」などの悩みには、ぜひ一度、本商品をお試しください。
髪にみずみずしい潤いと光沢が甦り、使い続けるほどにどんどん素直になっていく髪を実感いただけるはずです。
シルクのようにしなやかで、ビロードのように光り輝く、まるでCMモデルのような美しい髪を、どうぞこの機会に手に入れてください。

古くより、日本女性の魅力は、しなやかで光沢のある黒髪にあると言われています。蒼く濃く、濡れ羽色に輝く黒髪は、まさに日本人女性の理想美であり、その光彩は神秘的な煌きに満ちています。
『美髪伝説』は、日本女性に受け継がれる髪本来の美しさに着目し、髪のもつ本格的な美しさ、即ち「本質美」を引き出すために開発されたものです。

ツヤ・質感・まとまり・・・どれもがこだわりのグレード。
美髪伝説は一般のシャンプー剤等とは違い、髪の本質美を引き出すために作られた「髪質コントロール剤」です。 糸を引くほど濃厚な天然成分で作られたがゆえに、有用成分が沈殿する場合がございますが、品質には全く問題ございません。
むしろこれこそが本物の証。その名を【伝説】と称される理由です。

美髪伝説プレミアム スリークコントロールの関連商品

美髪伝説プレミアム スリークコントロールを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。