バルサムアンドボディ コンディショナー ノーマルの解析結果

総合順位
1331
総合得点 5点満点
1.74
成分数エキス系特効ダメ
14000

バルサムアンドボディ コンディショナー ノーマルの詳細情報

[製造販売元] 資生堂プロフェッショナル

[商品ID] 237
[容量]400ml
[参考価格]2730円
[1mlあたり] 約6.83

素材 

1.1

安全性
2.5

コスパ 

1.7

環境 
2.6
補修力
2.4

ツヤ 

1.9

感触 
2.8

バルサムアンドボディ コンディショナー ノーマルの解説

トータルコンディショナーという触れ込みで作られた一品ですが、

何がしたいのかよくわからないのが実体。

アルコールを最上位として、ステアレス-2(乳化剤)、ポリオクタニウム-1(4級カチオン界面活性剤)、ジメチコンコポリオールはポリエーテル変性シリコーンで、毛髪、皮膚により優れた滑り、保湿性を付与します。

グリコール酸はピーリング剤で知られている角質溶解剤。

PEG-20ソルビタンココエート、PEG-2オレアンモニウムクロリドは乳化剤、カチオン界面活性剤。

全体を通して見ても、コンディショナーとして働きたいのか、ピーリングしたいのか、どうも見えてこない一品であります。

ボディとネーミングにあることから、体にも塗ることを推奨しているように見えるのですが、

こんなもの体に塗ってどうするという疑問が拭えません。

オマケに意外と高額で2度ビックリ。

並の市販リンスの方がよっぽどいい働きをしそうな一品です。

バルサムアンドボディ コンディショナー ノーマルの全成分

1

2変性アルコール

飲料としての用いられないように不純物を混ぜ込んだアルコールです。質の高い製品には配合されないであろう成分ともいえます。

3LPG

4DME

ジメチルエーテルのことです。単純なエーテルの一種で、別名メトキシエタンとも呼ばれます。スプレー噴射剤として利用されることが多い。

5ステアレス-2

補助乳化剤。スキンケア用のクリームや乳液、デオドラント/制汗用のスプレーやロールオン製品に適する。広範囲のpH領域で安定。

6ポリオクタニウム-1

7加水分解コラーゲン

8ジメチコンコポリオール

・持続性を特徴とするポリエーテル変性シリコーン。

9グリコール酸

シンプルなα-ヒドロキシ酸(AHA)で、皮膚に透過しやすく、古い角質のつながりを切って新しい皮膚細胞を露出させる=ピーリング作用が最も特徴です。強い刺激性があり、ピーリング効果を濫用すると皮膚が敏感肌になりやすいため、頻度や濃度を多く使うべきではない。グリコール酸自体は毒物・劇物に指定される強い薬剤です。

10PEG-20ソルビタンココエート

11PEG-2オレアンモニウムクロリド

12イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

13香料

香りづけ。

14黄203

メーカーの紹介文

●トリートメントとスタイリングのダブル効果で思い通りの美しいヘアスタイルを作るトータルスタイリングコンディショナーです。●コンディショニング効果とスタイリング効果がバランスよく調和したフォームです。髪に自然なボリュームを与え、なめらかで扱いやすくします。ドライヤーの熱や乾燥などの外部の刺激から髪を守ります。

バルサムアンドボディ コンディショナー ノーマルの関連商品

バルサムアンドボディ コンディショナー ノーマルを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。