ベビーセバメド エクストラマイルドシャンプー の解析結果

総合順位

926

総合得点 5点満点

2.16
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
144100
  • ベビーセバメド エクストラマイルドシャンプー の詳細情報
  • セバメドの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 1900
  • [容量] 500ml
  • [参考価格] 2592円
  • [1mlあたり] 約 5.18円

ベビーセバメド エクストラマイルドシャンプー 解析チャート

ベビーセバメド エクストラマイルドシャンプー の解説

赤ちゃん用ということで、当然ながらマイルドに調整されている一品です。





ベースの両性界面活性剤コカミドプロピルベタイン、ココアンホジ酢酸2Naはいずれもマイルドで、仕上がり感も良いでしょう。



ココイルメチルタウリンNa、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコースといったアミノ酸系・両性系界面活性剤も目に浸みない仕様といえるもので、

赤ちゃんの肌や粘膜への配慮がなされた処方といえます。



変性アルコールあたりは雑な印象がありますが、概ね洗浄剤としては肌にやさしいタイプといえます。

優しく、粘膜刺激を最低限に抑えたい方にはまずまず良好な製品といえるでしょう。

ベビーセバメド エクストラマイルドシャンプー の全成分

1

2コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

3ココアンホジ酢酸2Na

高濃度でマイルドな両性界面活性剤。毛髪や皮膚の酸性pH域でのコンディショニング効果。防腐剤フリー。

4カミツレエキス

5ココイルメチルタウリンNa

アミノ酸型洗浄剤の中でもバランスの良さはトップクラス。適度な洗浄性、泡立ちの安定性、低刺激、コンディショニング効果や、ベタつきの少なさなど、シャンプーとして使われる場面では優秀な使用感を提供する。

6乳酸Na

7ジステアリン酸グリコール

コストが安いパール化剤。典型的な白色のパール化に用いられる処方が容易な素材。

8ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース

水溶性増粘剤。配合が容易で界面活性剤の刺激を緩和する作用。

9ラウレス-4

クレンジング剤処方向けの増粘剤。取扱が容易。

10変性アルコール

飲料としての用いられないように不純物を混ぜ込んだアルコールです。質の高い製品には配合されないであろう成分ともいえます。

11ベンジルアルコール

芳香族アルコールの一種で、空気中で酸化されると安息香酸になる。各種溶剤としてや芳香性の良さから殺菌剤としても用いられる。 エステル化するとイランイランやジャスミンなどの香りの元となる酢酸ベンジルなどを作ることが可能。

12フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

13安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

14香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

髪や頭皮の水分保持に欠かせない皮脂膜を残しながら、汚れを落とすベビーシャンプーです。健康な皮膚と同じ弱酸性のpH5.5、お肌にやさしいので、デリケートなお肌の方にもお使いいただけます。やさしい植物系の香りです。無着色。

ベビーセバメド エクストラマイルドシャンプー の関連商品

ベビーセバメド エクストラマイルドシャンプー を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。