アーユルヴェーダシャンプー アロエベラニームの解析結果

アーユルヴェーダシャンプー アロエベラニーム

総合順位

1522

総合得点 5点満点

1.62
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
73100
  • アーユルヴェーダシャンプー アロエベラニームの詳細情報
  • AUROMEREの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 6870
  • [容量] 473ml
  • [参考価格] 1360円
  • [1mlあたり] 約 2.88円

アーユルヴェーダシャンプー アロエベラニーム解析チャート

アーユルヴェーダシャンプー アロエベラニームの解説

ベースウォーター以外は質素なシャンプー。

アーユルヴェーダというのは、世界三大伝統医学のひとつ(他にユナニ医学・中国医学)です。人間が本来持っている自然エネルギーに働きかける、といった趣旨とのことですね。どこらへんがアーユルヴェーダなのかというと、ベースウォーターの部分にアロエやニームのエキスが溶け込んでいる、ということです。これは、アロエエキス、ニームエキスが配合されているのと同義とみていいでしょう。額面通りに受け取れば、創傷治癒効果、保湿、抗酸化作用がじんわり期待できるというイメージがあります。



ただし、ベースの洗浄剤はオレフィンスルホン酸Na。ラウレス硫酸Naなどと同等の成分であり、脱脂力が強く、コストが安いのが特徴です。いわば食器用洗剤とさほど変わらないので、自然エネルギーをかき乱してしまうのではないかと心配になります。泡立ちが強く、髪はギシギシっとなるのが特徴ですので、アーユルヴェーダ的なイメージとは差異を感じるのでは。



それ以外の部分も100円均一のような風合いで、よくいえばシンプル、悪く言えば質素。これでは、オレフィンスルホン酸Naの脱脂力をモロに受け止めなければなりませんので、やはり使用感、仕上がりともにかなり印象悪いのではないか。

基本的にオレフィンスルホン酸Naベースの安くて粗雑なシャンプーがベースです。



多少の植物エキスの添加が補えるレベルではない

アーユルヴェーダシャンプー アロエベラニームの全成分

1精製水

2オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

3ポリクオタニウム-7

4コカミドプロピルベタイン

5ローズエーテル

6ソルビン酸カリウム

7ラベンダー油

販売元による宣伝文

アーユルヴェーダに基づいて作られた、アロエベラ&ニーム配合ノンシリコンシャンプー
植物の力で地肌をスッキリと洗い上げ、しなやかで美しい髪を育ててくれる「アーユルヴェーダシャンプー アロエベラニーム」。インド古来の伝統医学、アーユルヴェーダの考えに基づいたノーマル・ドライヘア向け薬用ハーブシャンプーです。
アーユルヴェーダでは、体質や気の流れに合わせて肉体と精神のバランスをとることによって、健康状態や美しさをつくると考えられています。本品は、このアーユルヴェーダに基づき、健やかで豊かな髪を育てるアロエベラ、土台となる頭皮を整えるニームを配合。さらに髪の栄養となるハイビスカスをプラスしました。
使い続けるうちに髪が元気になり、自然なツヤとサラサラ感をもたらしてくれると口コミで評判のナチュラルシャンプー。アーユルヴェーダのタイプでは、ヴァータ、カパ体質の方に特におすすめの商品です。

アーユルヴェーダシャンプー アロエベラニームを実際に試してみた。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。