アットレー パワーワックス ギガハードの解析結果

総合順位

132

総合得点 5点満点

1.81
成分数エキス系特効ダメ
17000
  • アットレー パワーワックス ギガハードの詳細情報
  • 柳屋本店の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 214
  • [容量] 70ml
  • [参考価格] 635円
  • [1mlあたり] 約 9.07円

アットレー パワーワックス ギガハード解析チャート

アットレー パワーワックス ギガハードの解説

ややハードに固まるワックス。

アレンジが自在系のハードワックスという印象と見ていいでしょう。

質としては平均的で、ずば抜けた特徴はありません。

全体としては、

オーソドックスな成分で構成された製品で、決定的なダメな部分も良い部分もあるわけではありません。

1つ言えることは、さほど質のいいものとは言えない、わりと安い作りといえるものと見られます。

より上質な、機能性が高い製品を欲する方には物足りない製品といえるでしょう。

アットレー パワーワックス ギガハードの全成分

1

2パラフィン

ろうそくのことです。あの白色の炭化水素化合物をパラフィンといい、化学的に安定性が高く滑らかな感触を与えるロウの一種です。

3ラノリンロウ

4PEG-400

5テトラオレイン酸ソルベスー40

6PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

7ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

8ステアリン酸PEG-45キャンデリラロウ

9カルナウバロウ

10(メタクリロイルオキシエチテルカルボキシベタイン/メタクリル酸アルキル)コポリマー

11加水分解シルク

12エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

13BHT

ジブチルヒドロキシトルエン。脂溶性フェノールであり、酸化防止剤として化粧品では使われる。変異原性、催奇性を疑われており、食品などでは使用を自粛している会社もある。

14フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

15メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

16プロピルパラベン

17香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

●重力に逆らえ!ギガハード思いどおりのアレンジが可能なハード力を追求したヘアワックス。どのような髪質にも少量を薄づけするだけで、重力の影響も感じさせず、毛束を立たせるなどの自由自在なアレンジが可能です。●固形成分高配合固形成分を高配合することにより、キメたヘアスタイルを長時間キープするだけでなく、何度でも毛束を動かして、ヘアスタイルを作り込むことができます。 ●フレッシュグリーンの微香性

アットレー パワーワックス ギガハードの関連商品

アットレー パワーワックス ギガハードを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。