アジエンス コンディショナーの解析結果

総合順位

1156

総合得点 5点満点

1.88
成分数エキス系特効ダメ
29200
  • アジエンス コンディショナーの詳細情報
  • 花王の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 61
  • [容量] 698ml
  • [参考価格] 530円
  • [1mlあたり] 約 0.76円

アジエンス コンディショナー解析チャート

アジエンス コンディショナーの解説

シリコーンによる皮膜力は魅力だが。。。

アジエンストリートメントとの差は、こちらの方がよりシリコンの配合が多いようです。

主に髪にフタをする役割です。

枝毛防止、静電気防止、ツヤだしができますが、カラーやパーマは確実に染みずらくなります。

乳酸が比較的配合が多く、日々のコンディショニング効果アップに一役買います。

刺激はまぁまぁ低いですが、敏感肌の人にはおすすめしません。

アジエンス コンディショナーの全成分

1

2ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

3DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

4ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

5シクロメチコン

6ステアロキシプロピルジメチルアミン

3級カチオン界面活性剤です。肌刺激はソフトですが、ダメージカバー能はあまり高くありません。

7乳酸

8ベンジルアルコール

芳香族アルコールの一種で、空気中で酸化されると安息香酸になる。各種溶剤としてや芳香性の良さから殺菌剤としても用いられる。 エステル化するとイランイランやジャスミンなどの香りの元となる酢酸ベンジルなどを作ることが可能。

9ベヘナミドプロピルジメチルアミン

3級カチオン界面活性剤で、肌刺激がマイルドなかわりにコンディショニング効果は低い。ややしっとり感のある感触。

10アモジメチコン

末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。

11ラノリン脂肪酸

ラノリンとは、羊の分泌脂質を精製したもの。ヒトの皮脂と性質が似ているため、自然な油分補給手段として用いられます。 ただし、アレルギーを起こす可能性があり、かつ臭いが強めというデメリットもある。→吸着精製ラノリンはこのデメリットを解消している。

12ユーカリエキス

13オタネニンジンエキス

神経細胞活性化、免疫・抗炎症作用・血行促進作用、たんぱく質・核酸合成促進作用など多岐にわたる。

14ツバキ油

15加水分解コンキオリン

・加水分解コンキオリンは真珠由来のタンパク質で、うるおい、ツヤ、細胞活性化作用を付与します。

16パルミチン酸イソプロピル

さっぱりとした感触のエステル油。展延性に優れ、使用感が良い。

17(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル

18(ビスイソブチルPEG-15/アモジメチコン)コポリマー

髪への吸着力が高く、シリコーンのサラサラ感やアミノ・ポリエーテル変性シリコーンの滑らかさを持続的に付与します。

19リンゴ酸

リンゴ酸は、天然ではリンゴなどの果実に多く含まれている有機酸のことです。ブドウ酸を還元する方法でも合成することができます。高配合で肌に刺激となることも。髪の表面を潤滑させたり、pHを整える効能も。

20グリコール酸

シンプルなα-ヒドロキシ酸(AHA)で、皮膚に透過しやすく、古い角質のつながりを切って新しい皮膚細胞を露出させる=ピーリング作用が最も特徴です。強い刺激性があり、ピーリング効果を濫用すると皮膚が敏感肌になりやすいため、頻度や濃度を多く使うべきではない。グリコール酸自体は毒物・劇物に指定される強い薬剤です。

21トルエンスルホン酸

22ヒドロキシエチルセルロース

23PEG-45M

24ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

25ジココジモニウムクロリド

四級カチオン界面活性剤。やや刺激性はソフト寄りだが、肌に直接つけることは好ましくない素材。髪に対してコンディショニング効果を速やかに与える。ダメージ部に選択的に吸着し、髪の疎水性を上昇させダメージの進行を抑制する効果。

26エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

27BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

28カラメル

29香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

東洋美容由来の天然成分・東洋に伝わる天然美容成分を配合し、芯からしなやかな髪に洗い上げるダメージ(枝毛・切れ毛)ケア用リンスです。新たに髪本来の質感を取り戻す、MEA美髪リペア技術を採用。失われた髪の保護膜18-MEAの働きを補い、すべるようになめらかな質感へ導きます。使うごとにしなやかに弾み、上質な触れ心地と輝きあふれる髪へ。

アジエンス コンディショナーの関連商品

アジエンス コンディショナーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。