アップリノ オーガニックモイスト シャンプー の解析結果

総合順位

1402

総合得点 5点満点

1.66
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
284800
  • アップリノ オーガニックモイスト シャンプー の詳細情報
  • ベーネコスメティクスの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 1805
  • [容量] 510ml
  • [参考価格] 5900円
  • [1mlあたり] 約 11.57円

アップリノ オーガニックモイスト シャンプー 解析チャート

アップリノ オーガニックモイスト シャンプー の解説

さっぱり洗浄とキレのいい泡立ち



特徴を1つ挙げるとしたら、たっぷり質感の良い泡質が注目です。

単に粗い洗浄剤によるものではなく、比較的上品さを伴うさっぱり系という印象であり、

使い心地は上級な一品と言えるでしょう。



アサイーやマンゴー、バオバブオイルも。



添加成分が果物系のエキス、オイルを多用している点も注目。

仕上がりのコンディショニング作用や、洗浄力を助けるもの、香り、保湿作用といった効能を付加しています。

防腐剤周りも低刺激系で、総合的にも肌に優しい印象が強いといえるでしょう。



ややマイルドなクレンジングシャンプーとして、悪くない出来。

アップリノ オーガニックモイスト シャンプー の全成分

1

2ラウラミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。主洗浄剤の泡立ち、粘度を調整したり、コンディショニング効果を与える作用があります。きめ細かい泡質。単体では使われることは少なく、補助洗浄剤として用いられます。

3オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

ラウレス硫酸ナトリウムなどと同等以上の脱脂力を持ち、起泡力も強い。仕上がりは典型的なさっぱり系で、コンディショニング作用はほとんど期待できずクレンジング目的・泡立ち増強の目的で配合される。

4ラウロイルメチルアラニンNA

アミノ酸型洗浄剤の中で中性タイプといえる素材。洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることもできるでしょう。アミノ酸系シャンプーを欲しいがあまりしっとりさせたくない時に適する。

5塩化Na

6グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

7リンゴ果実エキス

8ココイルリンゴアミノ酸Na

ヤシ油脂肪酸とリンゴ果汁から抽出したアミノ酸による洗浄剤。起泡性や濃密な泡感を作り出す効果のあるアニオン界面活性剤です。

9ベルガモット果実油

10アンズ核油

杏仁豆腐の原料でおなじみです。オレイン酸含有量の多いトリグリセライド。エモリエント作用。

11オレンジ果皮油

オレンジの果皮から得たオイルで、ビタミンA,B,C,Eやフラボノイドなどを含有し、美白作用、殺菌作用、整肌作用などを付与する。また、脱脂力も有するのでクレンジングの助剤として使われることも。原液でなければさほど心配いらないが、光毒性を僅かに持つためにその点は注意が必要。

12グレープフルーツ果皮油

天然防腐剤として使われることの多い成分ですが、実は光毒性があり、一般的な防腐剤よりもリスクの大きい素材です。

13ライム油

14シア脂

シアの木の実から採れる植物油脂。体温付近で溶け、なめらかな感触、自然なエモリエント感を示す。また、わずかながら創傷治癒作用をもつアラントインや、整肌作用を持つカロチノイド、トコフェロールなどを含む。

15アルガニアスピノサ核油

アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。

16バオバブ種子油

アフリカ原産の「生命の樹」とも呼ばれるバオバブ種子からとれたオイルです。オレイン酸・リノール酸をリッチに含み、ビタミン類も含むため抗酸化作用も付与されます。

17ひまわり種子油

18アサイヤシ果実エキス

・アサイヤシ果実油はアサイーという名でおなじみの果物オイル。

19マンゴー果実エキス

20レモン果実エキス

21オリーブ葉エキス

・オリーブ葉エキスはオレウロペインを含有したエキスで、皮膚の老化を防ぎ、肌荒れを改善する効果。

22カニバラ果実エキス

23バニラ果実エキス

24ポリクオタニウム-47

毛髪の摩擦を減らす効果があります。グアーガムやカチオン化セルロースに比べ2倍近く摩擦を減らす性能があります。

25ソルビン酸K

・防腐剤のソルビン酸Kは食品でも使われるマイルドで効果の優れた素材です。
肌への優しさへの考慮を感じられる一面です。

26コカミドMEA

ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド。非イオン界面活性剤です。増粘、泡質安定、洗浄乳化補助作用を期待して配合されます。コカミドDEAやTEAに発がん性が懸念されたことから、安全性の面でこの成分が採用される傾向がある(ただしコカミドDEAもTEAも通常は全く害になりえない)。また、泡質安定性もこの素材が優秀。

27フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

28香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

りんごアミノ泡で洗うフルーツオーガニックシャンプーです。フワフワ泡で優しく髪を包み込んでキシまず滑らかに洗いあげます。

アップリノ オーガニックモイスト シャンプー の関連商品

アップリノ オーガニックモイスト シャンプー を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。