抗酸化アスタキザクロー スキントリートメントの解析結果

抗酸化アスタキザクロー スキントリートメントサニープレイス美しい素肌を守る強い見方!

今話題のアスタキサンチンで若返り!

アスタキサンチン・ザクロ種エキス健康肌成分驚きの効果とは!

シワ、ハリ改善
荒れ肌のキメ改善
美白とシミ改善

※UV効果はありませんが日焼けが引いたあとでも
綺麗なお肌に戻っていきます。
アスタキサンチンはサケやイクラなどに存在する赤橙色の天然色素成分です。コエンザイムQ10の1000倍とも言われています。アスタキサンチンはASTALIFTアスタリフト化粧品などでも知られています。


○大切なのは、活性酸素撃退!
細胞の新陳代謝や紫外線によって体内に毎日発生している
活性酸素。活性酸素がコラーゲンを破壊してシミ・シワ・たるみ
肌荒れの原因となります。

○アスタキサンチンが活性酸素を除去!
鮭が川を逆流する際の疲労回復成分、Q10の1000倍
の強抗酸化力で活性酸素を除去。コラーゲンの破壊を強力に
抑制し、お肌のガード力を強化してくれます。

○ザクロ種エキスでコラーゲン生成促進!
女性ホルモンが存在するザクロ種エキス、肌に補給することで
コラーゲンの生成を促進できる別名「若返りエキス」

総合順位

220

総合得点 5点満点

1.63
成分数エキス系特効ダメ
32730
  • 抗酸化アスタキザクロー スキントリートメントの詳細情報
  • サニープレイスの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 6488
  • [容量] 500ml
  • [参考価格] 2700円
  • [1mlあたり] 約 5.4円

抗酸化アスタキザクロー スキントリートメント解析チャート

抗酸化アスタキザクロー スキントリートメントの解説

美白・抗酸化系エキスを主体とした化粧水

いわゆるオーガニックエキスメインの化粧水としては有能。



即効性や持続性はあまり期待できないが、穏やかなエイジングケア効果を残します。

絶大な美容効果とか、美容液レベルのそれを期待はしてはいけません。

ただし、化粧水としては意外に有能な面があるともいえます。



安全性の高さ、環境負荷の低さといったメリットは大きく、かつ美白・抗酸化作用は結構高いのが特徴です。



コストパフォーマンス的にも良いといえます。

こだわった使用感の良さとかわかりやすい仕上がりの違いといった演出的な要素がないので玄人好みともいえる製品かもしれませんね。



成分のメリットを重視して選ぶタイプの方には使ってみる価値があります。

もちろん、より良い選択肢はあるにはあるでしょう。

しかし、特に美白・抗酸化という面では決して悪くない一品といえます。

抗酸化アスタキザクロー スキントリートメントの全成分

1

2グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

3エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

4ザクロ種子エキス

女性ホルモンのような作用をもたらすエストロゲンや、美白効果がアルブチンの100倍以上といわれるエラグ酸を含むなどアンチエイジングに大変効果的なエキスです。豊富に含まれるビタミンB,C群による抗酸化作用や整肌作用も期待値が高く、優れた成分です。

5紅藻エキス

6アスタキサンチン

アスタキサンチンのことです。β-カロテンの40倍以上の抗酸化力を持つカロテノイドの一種です。エビやカニの生体内に多く含まれ、加熱するとアスタキサンチンとタンパク質の結合がとれてアスタキサンチンが遊離することにより赤色を呈します。活性酸素を強力に除去して体が酸化するのを抑止する働きがあります。

7シソエキス

抗アレルギー、抗炎症、アトピー性皮膚炎・花粉症用に。

8ワサビノキ種子油

モリンガオイルと呼ばれます。モリンガの木はインド・アフリカ・インド・フィリピンなどの熱帯、亜熱帯地方に自生しています。ポリフェノールが豊富豊富に含まれており、 その含有量は白ワインの47倍、カカオの10倍以上。主成分はオレイン酸ですが、ベヘン酸も異例に高濃度で含まれる特徴があり、ユニークでコクのある潤滑性を生み出しています。ワサビノキ科植物ワサビノキ(モリンガ)の種子から得られる淡黄色~黄色の透明な液体油脂です。

9マカデミアナッツ油

10ゲンチアナ根エキス

11ローズマリーエキス

シソ科常緑樹ローズマリーの葉から得たエキスです。精油としてもおなじみですが、フラボノイド、タンニン、フラボノイド類などを含みます。抗菌作用・抗炎症作用・収れん作用を付与します。

12セージエキス

シソ科セージの葉抽出エキス。抗菌作用、血行促進作用、収れん作用などを与えます。

13アラントイン

別名で5-ウレイドヒダントイン、グリオキシジウレイドとも呼ばれる、抗炎症・抗刺激作用を有する成分。アルカリ性中では分解してしまうため、弱酸性下でしか使えません。牛の羊膜から発見された代謝中間体成分ですが、うじ虫の体液にも多く含まれ、壊死した細胞を取り除き、新しい細胞の生成を促進する作用などがある。

14グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

15ヒアルロン酸Na

・ヒアルロン酸ミックスを配合。しっとりとしたタッチを演出しています。

16ポリクオタニウム-61

リピジュア。細胞膜を構成するリン脂質を結合させてつくられたポリマーです。ファンデーションや口紅等のメイクアップ製品への配合が可能。また、自己組織化能を有しており、水中でポリマーナノ粒子分散液を形成します。塗布後、乾燥することでリン脂質ポリマーより成るナノスケールのラメラ層を形成するユニークな特徴。

17トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

18ココイルアルギニンエチルPCA

ココイルアルギニンエチルPCAはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、安全性が高く抗菌効果を持ち、滑らかなコンディショニング効果を付与します。

19グルコシルルチン

蕎麦に多く含まれるポリフェノールの一種で、ルチンと呼ばれる抗酸化成分にブドウ糖を結合させ水溶性にしたものです。ビタミンCをサポートする作用もあり、美白作用、コラーゲン生成能促進作用を付与します。

20ラウリン酸ポリグリセリル-10

親水性乳化剤。ニキビの原因アクネ菌の殺菌にも役立つ。

21ポリステアリン酸スクロース

22ステアリン酸ソルビタン

23テトラオレイン酸ソルベス-60

24トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル

低粘性のエステルオイルで、ベタつきがなく非常に延びのよい軽いタッチが特徴。酸化安定性にも優れており、化粧品などのベースオイルとして使われています。

25カルボマー

カルボキシビニルポリマーのこと。水溶性増粘剤で、1%以下の配合で粘度をコントロールできる。耐塩性がやや低い。

26水酸化Na

27ソルビトール

28メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

29フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

30BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

31PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

32香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

美しい素肌を守る強い見方!

今話題のアスタキサンチンで若返り!

アスタキサンチン・ザクロ種エキス健康肌成分驚きの効果とは!

シワ、ハリ改善
荒れ肌のキメ改善
美白とシミ改善

※UV効果はありませんが日焼けが引いたあとでも
綺麗なお肌に戻っていきます。
アスタキサンチンはサケやイクラなどに存在する赤橙色の天然色素成分です。コエンザイムQ10の1000倍とも言われています。アスタキサンチンはASTALIFT アスタリフト化粧品などでも知られています。


○大切なのは、活性酸素撃退!
細胞の新陳代謝や紫外線によって体内に毎日発生している
活性酸素。活性酸素がコラーゲンを破壊してシミ・シワ・たるみ
肌荒れの原因となります。

○アスタキサンチンが活性酸素を除去!
鮭が川を逆流する際の疲労回復成分、Q10の1000倍
の強抗酸化力で活性酸素を除去。コラーゲンの破壊を強力に
抑制し、お肌のガード力を強化してくれます。

○ザクロ種エキスでコラーゲン生成促進!
女性ホルモンが存在するザクロ種エキス、肌に補給することで
コラーゲンの生成を促進できる別名「若返りエキス」

抗酸化アスタキザクロー スキントリートメントの関連商品

抗酸化アスタキザクロー スキントリートメントを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。