オルタナティブ トリートメント FOR SCALPの解析結果

オルタナティブ トリートメント FOR SCALP松山油脂吸着作用のあるガスール(モロッコ溶岩クレイ)を配合したトリートメント。髪と地肌をすこやかに保ち、ハリのある髪へ導きます。毛髪のケアだけでなく地肌のマッサージにもお使いいただけます。3種類の天然精油によるすがすがしい香り。
総合順位
539
総合得点 5点満点
2.2
成分数エキス系特効ダメ
23320

オルタナティブ トリートメント FOR SCALPの詳細情報

[製造販売元] 松山油脂

[商品ID] 71
[容量]210ml
[参考価格]1728円
[1mlあたり] 約8.23
素材 
3.4
安全性
5.1

コスパ 

1.6

環境 
3
補修力
2.4

ツヤ 

1.9

感触 
2.7

オルタナティブ トリートメント FOR SCALPの解説

どこが頭皮向けなのか解せず



強いて言えばモロッコ溶岩クレイ、ザクロ程度で、基本的には効果の薄いコンディショナー以上の評価ではありません。

頭皮に塗ることを想定して低刺激であることは救いですが、あえて塗ったからといってメリットが多いこともありません。

毒にも薬にもならない駄作の1つと言ったら言いすぎでしょうか。

おそらく、印象に残りづらい使用感になると思われます。

オルタナティブ トリートメント FOR SCALPの全成分

1

2プロパンジオール

炭素数3のグリコールです。異性体にプロピレングリコールがあります。抗菌・保湿剤として用いられ、安全性が高いと言われていますが、実は天然由来を謳うわりにBGやPGとさほど危険性は変わらない可能性があると言われている。

3水添ナタネ油アルコール

4セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

5グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

6パルミチン酸イソプロピル

さっぱりとした感触のエステル油。展延性に優れ、使用感が良い。

7ベヘナミドプロピルジメチルアミン

3級カチオン界面活性剤で、肌刺激がマイルドなかわりにコンディショニング効果は低い。ややしっとり感のある感触。

8アルキル(C12-14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCl

9モロッコ溶岩クレイ

10アルガニアスピノサ核油

アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。

11ザクロ種子油

12ライム油

13ニュウコウジュ油

14ローズマリー油

シソ科ローズマリーから抽出したエッセンシャルオイルです。精神を高揚させる作用や、集中力アップ、育毛効果などがあると言われています。

15ルイボスエキス

16ステアリン酸グリセリル

17BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

18トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

19PCA

dl-ピロリドンカルボン酸です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

20ヒドロキシプロピルメチルセルロース

21メントール

アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。

22エチルヘキシルグリセリン

細菌・真菌類の防腐効果がある。

23エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

メーカーの紹介文

吸着作用のあるガスール(モロッコ溶岩クレイ)を配合したトリートメント。髪と地肌をすこやかに保ち、ハリのある髪へ導きます。毛髪のケアだけでなく地肌のマッサージにもお使いいただけます。3種類の天然精油によるすがすがしい香り。

オルタナティブ トリートメント FOR SCALPの関連商品

オルタナティブ トリートメント FOR SCALPを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。