Affinia アフィニアモイスチャーライジング シャンプーR の解析結果

総合順位

767

総合得点 5点満点

2.35
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
174000
  • Affinia アフィニアモイスチャーライジング シャンプーR の詳細情報
  • Affiniaの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 1741
  • [容量] 355ml
  • [参考価格] 750円
  • [1mlあたり] 約 2.11円

Affinia アフィニアモイスチャーライジング シャンプーR 解析チャート

Affinia アフィニアモイスチャーライジング シャンプーR の解説

比較的低刺激なシリコンシャンプー。



シリコーンの存在感が光るシャンプー。洗浄剤は割と低刺激なもの。

防腐剤がややリスクを低減していたり、マイルドな割に泡立ちがまずまずだったりと、個性的でありながらバランスが取れた内容とも言えるでしょう。

言わずもがな、シリコーン素材のおかげで感触は滑らかな仕上がり。



値段の割にはリスクが少なめで、使用感も悪くなく、コンディショニング効果重視な方には望ましいタッチと言えるでしょう。

頭皮へのメリットを重視するならもっと良い選択肢あり。

Affinia アフィニアモイスチャーライジング シャンプーR の全成分

1

2コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

3ココイルイセチオン酸Na

ヤシ油脂肪酸とイセチオン酸のエステルをナトリウムで仕上げた界面活性剤です。イセチオン酸とは、分子内にヒドロキシル基とスルホン酸基を有する2官能性の化合物。比較的洗浄性が高く、適度にさっぱり感を付与します。

4ラウリルスルホ酢酸Na

酸性域で良好な泡立ちを示す界面活性剤。主に弱酸性製品の泡立ち補助などに使われる。

5メチル2-スルホラウリン酸Na

62-スルホラウリン酸2Na

透明処方、泡立ち、泡切れ良好。

7香料

香りづけ。

8(ジビニルジメチコン/ジメチコン)コポリマー

9(C12-13)パレス-23

10(C12-13)パレス-3

11ジステアリン酸グリコール

コストが安いパール化剤。典型的な白色のパール化に用いられる処方が容易な素材。

12グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド

カチオン性の毛髪保護剤ですが、あまり効果が高くありません。

13シリコーンクオタニウム-22,ソルビン酸K

14水酸化Na

15エチレンジアミンジコハク酸3Na

16クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

17メチルイソチアゾリノン

パラベンよりもソフトと言われる防腐剤。ただ、パラベンよりも配合量を大幅に増やさないと効果が出ないため、それほどソフトとも言いきれない。

販売元による宣伝文

サルフェートフリー処方で、髪を穏やかに洗い上げ、カラーリングの褪色を防ぎ、ドライヤーの熱などから髪を保護し、髪にうるおいを与え、みずみずしい艶やかな髪に洗い上げます。

Affinia アフィニアモイスチャーライジング シャンプーR の関連商品

Affinia アフィニアモイスチャーライジング シャンプーR を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。