エーエフシー アミノ酸シャンプー髪優クール の解析結果

総合順位

829

総合得点 5点満点

2.23
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
363300
  • エーエフシー アミノ酸シャンプー髪優クール の詳細情報
  • の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 1740
  • [容量] 370ml
  • [参考価格] 2649円
  • [1mlあたり] 約 7.16円
洗浄力
2.3
素材 
1.8
安全性
4.2
コスパ 
1.7
環境 
4
補修力
1.4
潤滑性
1.7
頭皮改善 
2.3
ツヤ 
1.6
持続性
2.2
感触 
2.4
育毛
1.3
洗浄剤
3

エーエフシー アミノ酸シャンプー髪優クール の解説

アミノ酸型の洗浄剤と、アミノ酸配合な清涼シャンプー



アミノ酸づくしであることを売りとしたシャンプーです。プラス、メントールとハッカでクールです。



ややさっぱり感に欠け、潤いというかベタつきが気になるタイプ。

良く言えばマイルドですが、悪く言えば使用感に配慮が足りていない、完成度はあまり高くないタイプといえる製品です。

工夫が足りず、コストパフォーマンスがやや悪く感じる可能性も。



潤い感という意味では充実していますが。

エーエフシー アミノ酸シャンプー髪優クール の全成分

1

2ココイルグルタミン酸Na

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

3コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

4グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

5BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

6コカミドMEA

ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド。非イオン界面活性剤です。増粘、泡質安定、洗浄乳化補助作用を期待して配合されます。コカミドDEAやTEAに発がん性が懸念されたことから、安全性の面でこの成分が採用される傾向がある(ただしコカミドDEAもTEAも通常は全く害になりえない)。また、泡質安定性もこの素材が優秀。

7グルタミン酸

8アルギニン

9アラニン

10ロイシン

11グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

12プロリン

13セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

14バリン

15フェニルアラニン

16アスパラギン酸Na

17ヒスチジンHCL

18イソロイシン

19トレオニン

20リシンHCL

リシンの塩酸塩。天然のリジンと同じ構造で、必須アミノ酸。皮膚に柔軟性を与えます。

21チロシン

22PCA-Na

dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

23サクラ葉エキス

ソメイヨシノの葉から抽出したエキス。美白作用があるとされ、抗酸化作用に優れます。

24マコンブエキス

25クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

26アラントイン

別名で5-ウレイドヒダントイン、グリオキシジウレイドとも呼ばれる、抗炎症・抗刺激作用を有する成分。アルカリ性中では分解してしまうため、弱酸性下でしか使えません。牛の羊膜から発見された代謝中間体成分ですが、うじ虫の体液にも多く含まれ、壊死した細胞を取り除き、新しい細胞の生成を促進する作用などがある。

27タウリン

28グアニル酸2Na

きのこ類の旨味成分として知られるグアニル酸。化粧品では保湿作用を付与します。

29イノシン酸2Na

30ペンテト酸5Na

キレート剤。

31ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

32フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

33メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

34メントール

アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。

35ハッカ油

薄荷草から得たエキスで、メントールを含むため清涼感を付与します。また、抗菌作用、消臭作用、制汗作用、血行促進作用、虫除け効果などを与えます。

36オレンジ油

・油を分解する効果が高いオレンジ油配合。 香りも特徴ですが、脱脂力がややプラスされる点も考慮しましょう。

販売元による宣伝文

植物由来のクール成分(メントール、ハッカ油)を配合した、ノンシリコン アミノ酸シャンプーです。15種類のアミノ酸に、サクラ葉エキスなど19種類の保湿成分を配合。ヘアカラーやパーマで傷んだ髪にコシやハリを与えます。フレッシュクールの香り。リンス不要。石油系洗浄剤不使用。弱酸性。男女兼用。

エーエフシー アミノ酸シャンプー髪優クール の関連商品

エーエフシー アミノ酸シャンプー髪優クール を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。