アボラボ シャンプー の解析結果

総合順位

1632

総合得点 5点満点

1.34
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
256002

アボラボ シャンプー 解析チャート

アボラボ シャンプー の解説

脱脂力過剰・刺激性懸念の平均以下シャンプー。

洗浄剤もダメ、添加剤も凡庸、添加洗浄剤は最悪。





使う度にデメリットが蓄積していくようなシャンプーですので、

到底オススメするようなレベルとは言えない一品です。



値段なりの質の低い設計のシャンプーで、やたらと洗浄力が高い安上がりな洗浄剤を使った安易な代物です。

賢明な消費者ならスルーして然るべき一品となるでしょう。

アボラボ シャンプー の全成分

1

2(C12.13)パレス-3硫酸Na

3コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

4PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

5グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

6ココアンホ酢酸Na

皮膚との親和性に優れた両性界面活性剤。強い泡立ち。防腐剤フリーでベビーシャンプーにも適す。

7アボカド油

オレイン酸を主とするトリグリセライド。エモリエント作用を付与。

8ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)

疑似セラミドです。セラミドを模倣した素材で、保湿効果を付与。

9加水分解ケラチン

10ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

11グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

12ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

13ジステアリン酸グリコール

コストが安いパール化剤。典型的な白色のパール化に用いられる処方が容易な素材。

14クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

15塩化Na

16PEG-60水添ヒマシ油

可溶化を目的に配合。低刺激。水系での透明処方に適す。

17フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

18ココイルアルギニンエチルPCA

ココイルアルギニンエチルPCAはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、安全性が高く抗菌効果を持ち、滑らかなコンディショニング効果を付与します。

19ラウリル硫酸アンモニウム

分子量が小さく、浸透性が強い強洗浄剤です。金属表面処理剤、ダメージ毛の状態を再現するのにも使われる、いわば食器洗剤のように油分を徹底して脱脂するための洗浄剤です。そのため、肌や髪に必要な保湿因子や皮脂バリアを文字通り根こそぎ奪ってしまいます。

20ラウロイルメチルアラニンNa

アミノ酸型洗浄剤の中で中性タイプといえる素材。洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることもできるでしょう。アミノ酸系シャンプーを欲しいがあまりしっとりさせたくない時に適する。

21ココイルサルコシンNa

アミノ酸系洗浄剤の一種ですが、歯磨き粉に殺菌成分として配合されることが多い成分でもあります。つまり、アミノ酸系といいながら性格的にはきつめであり、脱脂力と殺菌性で通常の頭髪には必ずしも喜ばしい洗浄剤とはいえません。

22EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

23黄色4号

24緑色3号

25香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

アボカド油配合、傷んでいる髪にうるおいを与え、ハリとコシのあるいきいきとした髪に導くシャンプーです。髪と同じ成分のセラミド(保湿成分)とケラチンP.P.T.(保湿成分)が髪の内部に浸透し、髪の表面をアボカド油(保湿成分)がピタッと補修。つるつるにコートします。アミノ酸系洗浄成分が傷んだ髪を優しく洗い上げます。弱酸性・パラベンフリー・スウィートアロマの香り。

アボラボ シャンプー の関連商品

アボラボ シャンプー を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。