4eトリートメントの解析結果

総合順位

785

総合得点 5点満点

2.1
成分数エキス系特効ダメ
441010
  • 4eトリートメントの詳細情報
  • FRASCOの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 3376
  • [容量] 250ml
  • [参考価格] 3600円
  • [1mlあたり] 約 14.4円

4eトリートメント解析チャート

4eトリートメントの解説

実に、何をしたいのか不明な一品。

というのも、コエンザイムQ10、イオウ、オタネニンジンなどの成分は明らかに頭皮に影響を与えたい成分なのですが、

ステアルトリモニウムブロミドがベースにあるように頭皮には優しくないトリートメントですので、髪に塗るくらいしか使いみちがありません。

そう考えると、ほとんどのエキスや前述のコエンザイムQ10は無意味になってしまいます。

というより、頭皮に塗ったとしてもQ10が果たして何の役に立つのか、というそもそもの問題もあります。

飲んで効くもの、塗って効くものは別物です。

それらを踏まえて見ると、単に質が悪く高額なリンス剤という本質が見えてくるようです。

4eトリートメントの全成分

1

2DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

3セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

4エチルヘキサン酸セチル

水鳥の羽毛脂に似たエステルオイル、特に油性感が少ないさらっとした使用感。

5ステアルトリモニウムブロミド

4級カチオン界面活性剤ですが、このタイプは少しだけ肌刺激が抑えめ。 髪のダメージ部に選択的に吸着して疎水性を改善します。

6イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

7コハク酸

8ユビキノン

コエンザイムQ10のことです。化粧品として肌に塗布する、という使用法ではこれといって有効性が乏しい素材です。

9塩化鉄

10イオウ

11グルコース

12トルマリン

13グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

14ピリドキシンHCI

ビタミンB6です。タンパク質の代謝を促進する働きのほか、皮脂を抑制する働きがあります。抗アレルギー作用も。

15トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

16オタネニンジンエキス

神経細胞活性化、免疫・抗炎症作用・血行促進作用、たんぱく質・核酸合成促進作用など多岐にわたる。

17褐藻エキス

褐色の藻、つまり、ワカメや昆布などの藻類から得たエキスです。フコイダンを豊富に含み、それが育毛効果に優れることから育毛系の製品、頭皮ケア系のシャンプーなどに配合されます。

18チャ葉エキス

チャ葉から抽出したエキスです。抗菌作用が優れ、タンニンの収れん作用、ビタミン類の抗酸化作用、アミノ酸の保湿作用など付与します。

19センブリエキス

リンドウ科の2年草で、細胞活性作用、抗炎症・血行促進作用を付与します。

20アルテア根エキス

ヨーロッパ原産のアオイ科植物のビロウドイオイの根より抽出したエキスです。抗炎症作用やヒアルロン酸分解酵素を抑制し肌の保湿力を高める働きがあります。

21セイヨウオトギリソウエキス

セント・ジョーンズ・ワートとも呼ばれるエキスで、抗酸化作用、美白作用、保湿作用、皮膚細胞賦活作用などを付与します。

22カミツレ花エキス

アピゲニン含有、ヒスタミンの遊離抑制により抗炎症作用を示す。

23セイヨウノコギリソウエキス

セイヨウノコギリソウは全草が薬用部分で、その精油はアズレンを含み消炎作用があります。また、収れん作用、老化の原因である活性酸素を抑える抗酸化作用や殺菌、抗男性ホルモン作用を付与。

24セージ葉エキス

シソ科セージの葉抽出エキス。抗菌作用、血行促進作用、収れん作用などを与えます。

25フキタンポポ花エキス

・フキタンポポエキス(キク科フキタンポポの葉、花から抽出)は、ファラジオール、ルチン、タンニン、フィトステロールなどを含み、収れん、抗炎症、皮膚機能活性化作用を付与。

26ブドウ種子油

リノール酸リッチなトリグリセライド。リッチな感触のエモリエント効果。

27フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

28ステアラミドプロピルジメチルアミン

3級カチオン界面活性剤です。一般的な陽イオン界面活性剤よりも肌刺激がソフトです。ただし、ダメージ修復能力は弱いです。サラサラ仕上げ。ボリューム感を付与する効果も。

29加水分解コムギ

30香料

香りづけ。

31グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド

カチオン性の毛髪保護剤ですが、あまり効果が高くありません。

32ポリクオタニウム-64

・ポリクオタニウム-64は保水性を持つ皮膜形成作用を持つカチオン。ダメージ部に吸着ししなやかさを持つコーティング効果を与える。

33スクワラン

肌本来の保護油としても知られています。汗などの水分と混ざることで皮脂膜を形成し、肌や髪を保湿、保護、潤滑させる作用があります。

34メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

35ヘマチン

・ヘマチンは主に豚の血液中のヘモグロビンからグロビンを分離したもの。髪のケラチンへの強い結合力により、毛髪補強,脱毛の抑制,活性酸素除去,チオグリコール酸(パーマ)臭除去,染毛促進など、幅広い有効性を与える。近年、過酸化水素の除去能が白髪の抑制に役立つ可能性も取り沙汰されている。

36クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

37ヒアルロン酸Na

・ヒアルロン酸ミックスを配合。しっとりとしたタッチを演出しています。

38エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

39ポリソルベート80

40BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

41トレハロース

42オレス-10

43カルボキシメチルキチン

44尿素

販売元による宣伝文

毛髪の“細胞を元気に”をコンセプトに開発されたシャンプー&トリートメント。細胞呼吸を行う成分を添加した画期的な商品です。髪にコーティングして感触を求めるのではなく、毛髪内細胞を直接活性化し髪の自己修復作用を促します。その結果、自然な艶が出る・ハリ、コシが出るが広がらないパーマがきれいにかかりもちも良い・カラーの染まりが良く退色しにくい等数々の実践データが出ております。シャンプーから洗浄部分を除いた細胞活性化補助成分とキューティクル成分が配合されています。泡立てたシャンプーの上から塗布することで、細胞活性化が飛躍的に促進されます。洗い流した後、毛先の傷んだ部分にトリートメントをモミ込み、そのままタオルドライすることで洗い流さないトリートメントの代わりにもなります。また、ジメチコン等シリコン成分は一切入っておりませんので、人工的なツルツル感ではなく毛髪本来の健康的な艶と手触りが戻ってきます。

4eトリートメントの関連商品

4eトリートメントを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。