3% シャンプー株式会社フォーヴィスムシアバターの保湿感をシャンプーにも。
シアバターをはじめ、古来から受け継がれている保湿成分をたっぷりと配合し、よりプレミアムなしっとりとしたなめらかな洗いあがりに。
シアバターアクア3%配合。ノンシリコーン処方。

総合順位

1538

総合得点 5点満点

1.58
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
326100
3% シャンプー解析チャート

3% シャンプーの解説

どっちつかずで中途半端



シアバターアクアの配合量が変わっただけ?



基本的な構造は1%シャンプーとほとんど変わりありません。 このシャンプーの特徴となっているシアバターアクアと呼ばれる成分((ポリグリセリル-10/セバシン酸/シア脂)クロスポリマー)の配合量が3%になった以外はほとんど変わらない様子です。



シアバターアクアが3%になって変わるか



保湿成分、コンディショニング成分として機能するシアバターアクアですが、肝心のレース洗浄剤が真逆の香脱脂力成分となっているので、まさに相殺し合う関係にあると言えます。激しく脱脂するオレフィンスルホン酸ナトリウムと、角質層まで保湿成分を届ける非イオン界面活性剤という関係性です。

一定のコンディショニング効果を得ることはできそうですが、何と言ってもベースの洗浄剤の質の低さは大いにメリットを帳消しにしていると見ていいでしょう。



添加成分はまずまず悪くないが



ラウリン酸PG、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、その他非イオン界面活性剤の数々など、配合量が少ない部分の素材選びはまずまず悪くないと思わせるだけに、やはり洗浄剤の安上がり感というのが悪目立ちしている印象です。

表面的な保湿効果が後付けでくっつくという以上の意味合いを見いだせそうにないですし、本当に シアバターなどのバター感を体感したいのであればアハロバターシャンプーなど究極にバターなタッチを感じられるシャンプーの方に軍配が上がります。



安上がりで中途半端



つまるところ、必要以上に安上がりな作りになってしまっていて良い素材の良い部分を引き出せないでいるような印象が強いシャンプーです。強く洗えてその割にコンディショニング効果を感じる、というシャンプーを目指したいとは見受けられますが、内容的には中途半端な印象を禁じ得ません。

コカミドメチルMEA 3% シャンプー
コカミドメチルMEA 一般的なコカミドDEAより起泡性や持続性・泡量が優れる。


メチルパラベン 3% シャンプー
メチルパラベン ・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。結果的に、肌にマイルドといえる方法です。


フェノキシエタノール 3% シャンプー
フェノキシエタノール 防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。


安息香酸Na 3% シャンプー
安息香酸Na ・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。


ココイルグルタミン酸TEA 3% シャンプー
ココイルグルタミン酸TEA アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。


コメヌカ油 3% シャンプー
コメヌカ油


シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール 3% シャンプー
シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール 両親媒性型のエステル油で、水溶性有効成分の浸透促進効果、スピーディーなクレンジング効果、べたつきが少なく、軽い感触に仕上げる作用があります。


グリセリン 3% シャンプー
グリセリン 肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。


BG 3% シャンプー
BG 1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。


スルホコハク酸ラウレス2Na 3% シャンプー
スルホコハク酸ラウレス2Na 脱脂力はそこそこにあるが、肌への刺激性は控えめで生分解性も良い。さっぱり洗いたい方に向いている洗浄剤です。防腐剤に安息香酸ナトリウム。


ポリクオタニウム-10 3% シャンプー
ポリクオタニウム-10 塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。


EDTA-2Na 3% シャンプー
EDTA-2Na エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。


コカミドプロピルベタイン 3% シャンプー
コカミドプロピルベタイン 両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。


コメヌカスフィンゴ糖脂質 3% シャンプー
コメヌカスフィンゴ糖脂質


オレフィン(C14-16)スルホン酸Na 3% シャンプー
オレフィン(C14-16)スルホン酸Na ラウレス硫酸ナトリウムなどと同等以上の脱脂力を持ち、起泡力も強い。仕上がりは典型的なさっぱり系で、コンディショニング作用はほとんど期待できずクレンジング目的・泡立ち増強の目的で配合される。


ラウリルヒドロキシスルタイン 3% シャンプー
ラウリルヒドロキシスルタイン ラウラミドプロピルベタインのような両性界面活性剤とほぼ同じような構造です。洗浄性とコンディショニング効果の両面を持つ成分で、皮膚・粘膜刺激が低く泡質の安定性や増粘作用を付与します。

洗浄剤のクオリティ、ここに尽きる



添加成分、悪くないが方向性がやや中途半端

販売元による宣伝文

シアバターの保湿感をシャンプーにも。
シアバターをはじめ、古来から受け継がれている保湿成分をたっぷりと配合し、よりプレミアムなしっとりとしたなめらかな洗いあがりに。
シアバターアクア3%配合。ノンシリコーン処方。
    3% シャンプーの関連商品
3% シャンプーの解析結果 | シャンプー解析ドットコム株式会社アナリスタはシャンプー解析ドットコム・カイセキストアを運営。シャンプー・トリートメント・コスメなどのランキングを公開中。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。